*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

雪山の頂上を
パウダースノーが舞う

レンズ越しに眺めていたら
上昇気流によって雲が現れた

DSC_8649.jpg

目をこすってみても
不思議な光景

猫の姿が
光に照らされ笑ってた

白くてふわふわとした雲を
マントのように、なびかせながら

何度も姿を変え
空へと消えていった

DSC_8656_20150120201742afa.jpg


写真の神様
むちゃ
ありがとう


K i i T

2014年11月3日 13時56分。
昨日の撮影場所、大学で見上げた空

赤いレンガと赤いレンガの間に広がるのは
澄み切った青い空。

白い色した飛行機が、
まっすぐに通り抜けた。

10_20141104071912a7e.jpg


空の博物館



K i i T

2014年10月11日 18時00分。

混沌とした中で
かすかに見えた青空

いつか届けたいな
至高の空


2014_10_11_1800.jpg


空の博物館



K i i T

2014年10月10日(金曜日) 21時37分。

悠々たる表情のお月様。

一仕事を終えた後だから
ちょこっと休息を


2014_10_10_21_37.jpg


空の博物館



K i i T

2014年10月7日 17時15分頃。

心なしか静穏色したお月様

7_201410092020014ea.jpg

山も街も
冷たくなったアスファルトの道も
優しい色が浸透してゆく

5_20141009202002751.jpg


空の博物館



K i i T

2014年10月8日 19時22分。

皆既月食。

ほんのわずかしかない
目に映る情報。

レンズを通して、できることがあるなら
心へ届けたいな、おしみなく降り注ぐ美しい空を

5_2014100823534834f.jpg


空の博物館


K i i T

2014年9月8日 18時38分。


撮影後、新潟で見上げたお月様が
あまりにも綺麗で

けど、仕事で来ているのに
撮りたいなんて、わがままは言えない

と、

お月様が見える位地まで
車を走らせてくださった。

1_20141003035125e52.jpg

何も言わなくても
察してくださるクライアントのiさん。

相手の視点、立場から
ほしい言葉を組み立てられるのは
職業柄、それが人格となっていらっしゃるようなお人柄

11_2014100303512597a.jpg

私情を持ち込み申し訳ないと思いながら
少しだけ、あちら側との入口、出口。

気づかれないように
レンズの中は、自分だけのやさしい時間が流れる

2013年
武蔵丸と一緒に見上げたお月さんを
一年後に、この場所から見上げてるなんて
(2013年の中秋の名月は以前のブログをクリック)


111_201410030351270c8.jpg

キラキラとした
輝きが地上におりてくる。

光の方から、気づいて
かけよって来てくれたのかな

もしかしたら
武蔵まるの、はからい?

むちゃ、ありがとう。

それから
お月様を見せてくださった
iさん、ありがとうございました。


K i i T


人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: