*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ただいま発売中の『ランドネ』2017年10月号
P42~49【六甲山はロープウェイがおもしろい!】というコーナーの写真を担当させていただいてます。


『ランドネ』2017年10月号
8月23日発売 エイ出版社 980円

撮影の様子はこちら
以前のブログをクリック♪

ライターにゃみさんのブログでもご紹介されてます。こちら♪
またもや、いつのまに背後をとられたのか、
足音もなく仙人ショットだと勝手におもっている

少しだけボツの写真とともに
紙面に紹介されていないおまけポイントをご紹介

2017_08_04_041.jpg

以前のブログで、ぴょん、ぴょんっと、にゃみさんが
向かっていたのは太鼓滝

2017_08_04_120.jpg 

東京からこられた編集Aさんとにゃみさん
有馬温泉駅へと

2017_08_04_125.jpg

六甲有馬ロープウェイ

2017_08_04_161 のコピー のコピー 

どこを切り撮ってもキレイで
上から眺める堰堤もみどころ

2017_08_04_127.jpg

今年、2017年は壊滅的な被害をもたらした「昭和42年六甲山系豪雨災害」から50年ということもあり、
災害から守る砂防施設についついレンズが向いてしまう。

2017_08_04_168.jpg 

自然災害がたえず起きている六甲山
昭和13年(1938)7月「阪神大水害」
昭和42年(1967)7月「六甲山系豪雨災害」
平成7年(1995)1月「阪神・淡路大震災」
(六甲山の災害史はこちらをクリック) ←国土交通省 近畿地方整備局 六甲砂防事務所サイト
写真は六甲有馬ロープウェイから

2017_08_04_177.jpg

左側に見えるのは布引貯水池
創設時、摩耶山を源に生田川水系、布引谷川を水源とした水道施設を建造、
現在の水道水は、琵琶湖、淀川水系の水とブレンドされ、神戸市民の生活をささえているそう。

手前側に見えているのは、
布引五本松堰堤(布引ダム・重要文化財)

ROKKO_346a.jpg

地上へ降りて下流側から見た布引五本松堰堤
明治33年(1900)竣工、日本最古の重力式コンクリートダム

布引五本松堰堤の近くには、布引断層もあり、
ハイキングを楽しみながら自然災害について考えられるポイントもおすすめ

DSC_2977.jpg

撮影中、局地的に降る様相も目の当たりにした。
大阪湾を挟んで東大阪あたりが集中豪雨となっていた。

気候変動による大雨も増えていくなか、
脅威に対し、なすすべは………。

撮影は、幸いにも
間一髪、にゃみさんガイドに救われた

2017_08_04_174.jpg 

布引ロープウェイから
新神戸駅周辺の高層タワー、北野異人館街、大阪湾、淡路島などなど、
10分ほどのゴンドラの旅は、お腹いっぱいな景色に大満足。ぜひお子様と一緒に

2017_08_04_21.jpg

布引公園内にある「猿のかずら橋」
サルナシのツルがぐるぐると巻いて装飾されている

2017_08_04_222.jpg

六甲の景勝地といえば、日本三大神滝(にほんさんだいしんたき)の一つ、「布引の滝」。
布引の滝は4つの滝の総称で、写真上は「雄滝(おんたき)」、下が夫婦滝(めおとだき)
そのほかの二つは、鼓滝(つつみだき)と雌滝(めんたき)があり、生田川の中流に位置する。

2017_08_05_022.jpg

須磨浦ロープウェイ
白色のゴンドラは「うみひこ」赤は「やまひこ」

ROKKO_042.jpg

ゴンドラからの眺望に「サイッコォーーー!」「ここは日本?」
レンズの中まで、すっきり

2017_08_05_038.jpg

昭和33年に営業開始した「須磨浦回転展望閣」
360度回転し、いろんな角度から景色を楽しめる。

ど真ん中! 明石海峡大橋

2017_08_05_041.jpg

館内のゲームコーナーは、
インベーダーゲームやジュークボックスなどなど、ザ・昭和な雰囲気たっぷり

2017_08_05_090.jpg

摩耶ビューライン

摩耶山へ行ったなら
星の駅2階、カフェ702さんで、おキマリ!
(カフェ702さんはこちらをクリック♪)

2017_08_05_098 のコピー 2017_08_05_097 のコピー

スナッチさん、撮影時はありがとうございました。
手作りケーキに冷たいドリンク、すっごく美味しかったです。ごちそうさまでした。

2017_08_05_123 のコピー

にゃみさんが案内してくださった絶景ポイント!

ROKKO_115_2017_08_05_124.jpg

雲も写真に写りたがっているようで

2017_08_05_134.jpg

摩耶山頂近くにある天狗岩大神、左は石丸猿田彦大神
摩耶山の僧侶が天狗を封じ込めたと伝えられる巨石が祀ってある。
石が割れているってことは………?

2017_08_05_1.jpg

朝、昼、夜、七変化する六甲山。
山の神様は女神さまだと
誰かが教えてくれたことを思い出した。

最後は、日本三大夜景(函館山 函館市・稲佐山(いなさやま) 長崎市・麻耶山 神戸市)の一つとされる
麻耶山 掬星台(きくせいだい)からの絶景

2017_08_05_145A.jpg

光り輝く神戸市と大阪湾をはさんで
大阪府を一望することができる。

一つ、一つ、暮らしの中にある星空みたいな光、
生きているみたいにゆらゆら……と、レンズの視点がずれたら、一層、輝いた。

ROKKO_136.jpg


温泉街の新しいお店や古民家カフェ、見どころたっぷりな8ページ
行楽日和の秋にはロープウェイで楽しい山時間を!


その前に『ランドネ』2017年10月号、是非ご一読ください






KiiT

スポンサーサイト

先日ポストに届いた撮影のあがり
『Cafe&Restaurant 2月号』



旭屋出版 『Cafe&Restaurant 2月号』
2017年1月19日 発行
1,200円+税

『コーヒーニューウェーブ』という特集の中で
P016~P018 奈良県、近鉄奈良駅から徒歩すぐにある
『ROKUMEI COFFEE CO.』さんの写真を担当させていただいてます

DSC_5300A.jpg

紙面では、苦節の時も信じる道を歩み、お客様の味覚へも歩み寄り、
多様性をもったスペシャルティーコーヒーに至る道のりなど、
そこに人が集まる秘訣がもりだくさんです。

コーヒーのことを知らなくても、おいしくいただき楽しめる「エスプレッソで飲み比べセット」や
店内にある販売コーナーは、お土産に買ってかえりたくなる可愛いラベルの商品など、工夫がいっぱい
奈良に行くときは是非おすすめ。

そのまえに、『Cafe&Restaurant 2月号』を
ご覧ください。

別のページでは
P062~P063 ページ『世界トップクラスのバリスタ&バーテンダーによるコーヒーカクテル』の写真も
担当させていただいてます

紙面には、JCIGSC2014・2016チャンピオン、MONIN COFFEE CREATIVITYCUP2015チャンピオン、JCIGSC日本代表の野里さん、
2002年のフレア・バーテンディング日本選手権チャンピオンの岩本さん、
バーテンダー世界一を決める「ワールドクラス2015」日本&世界のチャンピオンの金子さんなどなど、
そうそうたるメンバーが登場しています。

2016_11_13_ROCOCO_75.jpg 2016_11_13_ROCOCO_71.jpg

葉巻型のクッキーや小道具まで用意され、
味だけでなく雰囲気づくりからお客様をもてなした金子さんをはじめ、
一流の品格とともに、独創的なカクテルが披露された。

2016_11_13_ROCOCO_39.jpg 

2016_11_13_ROCOCO_30.jpg

2016_11_13_ROCOCO_27.jpg 


2017年1月19日 発行
『Cafe&Restaurant 2月号』を是非ご一読ください。


余談、
別ページでは、KIIT撮影ではないけれど小川珈琲さんにいらっしゃった岡田章宏さんも
お店を開業され紙面に登場されています。
「okaffe kyoto」さん http://okaffe.kyoto

数年前の取材時に、誰もみていないところでも
大会の練習をしていらっしゃたのが今でも印象的に記憶に残っている。

P25〜P27に掲載されています。
こちらもおみのがしなく〜




2017年1月19日 発行
1,200円+税
旭屋出版『Cafe&Restaurant 2月号』


K i i T  



昨日、ポストに届いた撮影のあがり

主婦と生活社発行 『週刊女性 8月9日号』
2016年7月26日 発行
450+税

P42~P51 『水族館の歩き方』特集の中で
鳥羽水族館と海遊館の写真を担当させていただいてます。

コバンザメや、ラッコのぶりっこポーズにジャンピング
撮影しながら癒された〜。
ほんっと水族館っていいですね〜。

ナイトツアーに繰り出した子どもたちは、
目を輝かせながら
ビデオを撮り、メモをとり、ゲーム世代の子どもたちが
ワクワクした表情をのぞかせると、なんだかほっとした。

ふりかえると、東京の編集KさんとSさんまで
キラキラな目

前日の夜中にメールが来ていたから
寝ていないはずだけど元気なお二人

それがつい先日の7月9日、10日のこと、
もう発売されている。

内容が深くて写真も盛りだくさん
モノクロなのに楽しく読み応えのあるページ。

ぜひ、夏休みは水族館で
想い出にのこる一日をお過ごし下さい。

と、そのまえに

2016年7月26日 発行
主婦と生活社発行 『週刊女性 8月9日号』を是非ご一読ください。

購入はこちら(Amazon アソシエイトになかったのでリンク)
http://www.fujisan.co.jp/product/1133/new/

----------------------

撮影の途中で、3人で夕方に焼肉をがっつり食べたときのことや、
(ごちそうさまでした☆)
深夜に見たあれや、これ、
コバンザメ待機したことなど、
わぁ。。。書きたいことやアップしたい写真がいっぱい
取り急ぎの、文字だけでごめんなさい。

編集kさん、sさん
ありがとうございました〜☆

K i i T   

昨日、ポストに届いた撮影のあがり
『Cafe&Restaurant 3月号』

と、その前に
ゆっくりと、ブログを書こうと思いながら
できていなかった2月号のご紹介から



旭屋出版 『Cafe&Restaurant 2月号』
2015年1月19日 発行
1,200円+税

『カフェ開業「お悩み」』という特集の中で
P007~P009 京都市今出川にある『珈琲 逃現郷』さんの写真を担当させていただいてます

紙面では
「人気カフェオーナーに聞きました
カフェを開くとき、何に悩み、それをどう解決しましたか?」と、
さまざまな面で直面した問題・課題とその解決策を事例をもとに紹介されています

ボツの写真から、
猫ちゃんをご紹介

撮影中、2階のスタッフルーム​​​から
お​りてきてくれた三代目看板猫カブくん

tougenkyo_016.jpg

出会いは3年前、店主が運転していたバイクの前に飛び出し、
大怪我をしたのが野良だったカブくん。​​​

バイク(カブ)​にひかれたので、カブ​くんと名前をつけてもらい
20万かけて治療し、そこから一生のご飯と寝床を確保したそう

17年生きた1代目の看板ネコちゃんのように​、
お客さんの膝に座ったりせず
姿を見せるのは、​1日に4回ほど、
でっかい金魚鉢のお水を飲みにくるときぐらいなのだとか。

tougenkyo_008.jpg

撮影中、スタッフさんが「おりてきましたよ〜」と、
そーっと声をかけてくださり、
運良くフォトセッション実現☆

tougenkyo_011.jpg 

こちらを伺いながら、
今にも逃げてしまいそう

tougenkyo13.jpg

外の看板が写り込んだ水面、
カブくんと距離感を保ちながら
そぉ〜っと、レンズを向ける

tougenkyo_015.jpg

店内にいらっしゃった
お客さんもスマホ片手にパシャ、パシャ

tougenkyo_010.jpg

警戒心はどこへやら

tougenkyo_017.jpg

金魚さんと仲良し

tougenkyo_012.jpg


『珈琲 逃現郷』さんでは、
以下の7ポイント、事例をもとに、解決策が紹介されてます。

1、調度品の集め方
2、DIYでの店作り
3、求人
4、スタッフ育成
5、付加価値の提案
6、ルール設定
7、メニュー構成

2016年1月19日 発行
『Cafe&Restaurant 2月号』を是非ご一読ください。



2016年1月19日 発行
1,200円+税
旭屋出版『Cafe&Restaurant 2月号』


K i i T  


昨日、ポストに届いた撮影のあがり
毎回、届くのが楽しみな冊子

AAA_3787.jpg『Cafe&Restaurant 2月号』

本日のご紹介は、2月号ではなく、
ひとつ前の1月号をご紹介



旭屋出版 『Cafe&Restaurant 1月号』
2015年12月19日 発行
1,200円+税

『トップバリスタが披露! 最新クリエイティブドリンク』という特集の中で
P011~P013『Unir』さんの写真を担当させていただいてます。

撮影した時の店舗は、11月15日で閉店し、
明日1月21日、京都長岡京市に新本店がオープンされます

コーヒーが飲める時間帯が
あるようですので、
詳しくは『Unir』さんWEBをごらんください。
WEBはこちら

誌面の中で、オリジナルのクリエイティブドリンク
(独自にアレンジされたオリジナル創作コーヒー)を
ご紹介・提案してくださったのは、
『Unir』のヘッドバリスタ 山本知子さん。

JBCに6年連続準決勝進出、2014年準優勝。
JBC2015第3位アジアオセアニアバリスタチャンピオンシップ
FHA2014準決勝(誌面のプロフィールから)
と、実力の持ち主。

撮影中に出してくださった3種類のコーヒー
(ボツの写真から2枚)

Unir_002.jpg Unir_image_67.jpg 

トップバリスタがつくるコーヒーとは、
恐る恐る……。

くんくん「おっ?」
ごっくん「えぇ--------」本気で声をだしてしまった。

リンゴの味?リンゴは入ってないけれど
甘味と酸味、奥行きとキレ、はじめて口にした香味が広がった。

そのままでも美味しく頂けるコーヒーへ
発酵したフルーツの皮や、シロップ、黒蜜、きな粉など
お互いの持ち味を引き出す組み合わせで、まぜあわせると格別の美味しさになる。

まるで料理でも
しているかのよう。

一体感は、
まちがいなく「コーヒー。」

いい意味で、
期待を大きく裏切ってくれた

絶妙なコーヒー感は、
到底、ご家庭ではつくれないので
是非『Unir』さんへ、おすすめです。

と、その前に
2015年12月19日 発行
『Cafe&Restaurant 1月号』をご一読ください。

実は、オリジナル創作コーヒーの
レシピまで紹介されております。

創作コーヒーを飲めば
インスピレーションが、おりてくるかも



2015年12月19日 発行
1,200円+税
旭屋出版『Cafe&Restaurant 1月号』


K i i T


撮影のあがりをご紹介

【Cafe&Restaurant 11月号】

旭屋出版 『Cafe&Restaurant 11月号』
2015年10月19日 発行
1,200円+税

『小さなカフェ、はじめました。』という特集の中で
P012~P014
奈良市にある「絵本とコーヒーのパビリオン」さんの
写真を担当させていただいてます。

「絵本とコーヒーのパビリオン」さんは、こちらをクリック

JR奈良駅の近く
見落としてしまいそうな看板を目当てに
路地へ入ると、懐かしい場所へきたような
温かみのあるカフェ。

2015_0.jpg

中へ入ると、
海外へ買い付けに行かれることもある
絵本など、手作りの本棚に所狭しと並ぶ。

ゆっくりと時間をかけて淹れられる
焙煎コーヒーの香りが店内を包んでいた。

手づくりのケーキをいただきながら
絵本の中にある優しい文字を見ていると
「ありがとう」を言えなかった人たちへ
お手紙でもかきたくなるような……。

店内にはセンスのいい
ポストカードも販売されていて
ペンも貸し出してくれる。

あったかい気持ちの中で
撮影を終え、扉を開けると叩きつけるような雨

ひぇー!

向かう道中も、
たしかに雨だったけど。

そんなことを思い出しながら
仕上がりを見て「ほっ」と。

P12ページは、
雨の日とは思えないほど
太陽の光が差す中、
店頭で、ニッコリと笑うオーナーご夫妻。

そのうしろには
古家の建具や材木など、再利用した外観が
照らされて存在感を放っていた。

あがりを到着するころ
編集Iさんからのメールに、
「取材当日は雨降りでしたが誌面ではみじんもわからない。
撮影の時は“神様”がいたのでしょうね」と、書いてあった。

ほんの束の間に差し込んだ太陽の光。
あれは、やっぱり、神様の仕業だったのかもしれないな

そういえば、生駒の山を通過し大阪へ
帰路につく車窓から、二重になった大きな虹がみえたんだった。

そんな、こんなで
奈良にいかれるときは、
ぜひ「絵本とコーヒーのパビリオン」さんへ!

と、そのまえに
旭屋出版 『Cafe&Restaurant 11月号』
2015年10月19日 発行
是非、ご一読ください

K i i T  




撮影のあがりをご紹介

【Cafe&Restaurant 10月号】

旭屋出版 『Cafe&Restaurant 10月号』
2015年9月19日 発行
1,200円+税

『第一人者に聞くコーヒーの「いま」と「これから」』という特集の中で
 1、自家焙煎
 2、コーヒースタンド
 3、イタリアバール
 4、シアトル系カフェ
 5、認証コーヒー
という5つのテーマの中から、

P024~P027
日本を代表する認証コーヒー店『HIRO COFFEE』さんの
写真を担当させていただいてます。

現場へ到着し、店内へ入りかけた直前、
「緊張してきた!」と、笑顔でおっしゃたiさん

至極ベテラン編集さんなのに
取材に対して謙虚で実直なお人柄。

撮影前にも
被写体の背景や想い、取り組みなど
事前情報を丁寧にメールをくださる。

自然と写真心も動かされ、力が入りだす

ライターさんは、Sさん。
6年ほど前に、大阪の出版社さんの撮影で
時々、ご一緒させていただいた方

お会いできて
とってもうれしい

あれから、そんなに時が経っていたなんて……。
って、自分ごとに回顧している場合でなかった。

お仕事、お仕事。
パシャ、パシャ。たったか、たったか。
1時間ほど、撮り続ける。

時々、デザイナーさんや、編集さんが
写真を選定される時、まぎれていたら楽しいかとおもう
遊びカットも含めつつフッフッフ

インタビューは、別の部屋で
じっくりと2時間かけて
取材され、丁寧に書かれたもの。

誌面には、その人だから辿り着いた答えやヒント、アイデア
心動かされることばが、あふれていた。

「自分が信じて取り組んできた物事をひとつ妥協すると軸がブレてしまうと思うのです(誌面から抜粋)」

別ページでは、ベジメニューや
ジンジャーエールの作り方など
すぐに活用できる旬なレシピもあり
業界の展望やカフェに興味がない方へも、おすすめな一冊



旭屋出版 『Cafe&Restaurant 10月号』
2015年9月19日 発行
是非、ご一読ください


K i i T  



人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。