*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関西で発行されているタウン誌 7月号
タイアップ広告の撮影

一ヶ月先、二ヶ月先
なるべく早めに、ご依頼をくださる中

急遽、助っ人。
そんな時もあるさぁ〜。

断ることをしらない K i i T・・・。
(頭から値段重視の仕事は断わらせて頂いてますが・・・。)


そんな、ドタバタ
クライアントさん、お店の方に関係ないから

「一球入魂


この一瞬だけは、
すべての事を忘れる。


5_20130531121518.jpg ざっくり、ライティング


さてと、ここからどうしましょうかね〜。
桶は答えてくれない。
あとは、料理が来てから。


と、その前に。


6_20130531115811.jpg この器がつき出しで、必需のグラスに、これ馬刺、こっちがメインで・・・・


「わぁ。わぁ。わぁ。」他の器もキたぁ〜。
 頭の中みたくなってるよ


7_20130531115809.jpg そんな、こんなで、パシャ 


平目、石垣鯛、生うに、かんぱち、サーモン、まぐろ
活アジ、そして、エビの活き造り


見た目、華やか、多種多彩。
総合すると、ボリューム大
これで・・・・円?


活だねぇ〜
(粋だねぇ〜)


店内は、漁師町に来たような、活気。
九州から取り寄せた新鮮な食材が所狭しと並んでいる。

中でも注目したいのは、生け簀の魚に負けない、活き活きとしたスタッフさん達
(表現おかしいかな・・・。まぁいいっか)
二階の御座敷もいいけど、一階のカウンターも是非。

帰るころには、活力がみなぎっているかも〜

これから、ビアガーデンの季節、
ちょこっと趣向をかえて、

イキなはれ〜。

あかん、おっさん化してきた。


地魚屋台とっつぁん 福島本店
大阪市福島区福島7-21-7
詳しくはこちら♪グルナビ



追われる納期、たまには追いかけてやる〜。
最短、即日納品。
時間の効率化、やったね


K i i T

スポンサーサイト

「どーこだっ☆」のつづき

神戸方面からの帰路、行きは高速道路、
帰りは、ゆっくりと安全運転、国道43号線から大阪へ向かうのだけど
道中、大きな鳥居があり、境内に車で入れる神社。
気になる存在感。行ってみたかったんだ。

この日は
撮影まで時間が出来たので!

a_001.jpg 中へ入ってみると

「西宮神社?」「西宮えびす?」「福男の・・・・?」
関西に住みながら、ここが、そうとは知らんかった。
おホホホ・・・

そして、まだまだ続く「知らんかった。」
境内図を眺めながら「ふむふむ、いろんな神サマがいるらしい。」

ユーミンの歌 「やさしさに包まれたなら」が聞こえてきそうな陽気。

「さてと、一番最初に呼ばれている場所は?」っと、
キレイな空気をいっぱいに吸い込んで、ゆっくりとはきだし
自然の波長に寄り添ってみる。

心地いい風

8_20130530130648.jpg 

「恵美?」人間の名前みたいな神サマ発見

a_002.jpg 沖恵美酒神社(おきのえびすじんじゃ)

沖恵美酒大神(あらえびすさまが祭られている)

a_003.jpg DSC_0436.jpg

必勝絵馬
授与所で500円

余談
神社の表札には沖恵美「須」神社と書いてあり、境内図には沖恵美「酒」神社とある。あれれ。疑問保留。

a_004.jpg 南宮神社(なんぐうじんじゃ)

a_005.jpg てくてくと、御本殿へ

a_007_20130530130649.jpg 神馬(しんめ)

中を覗いてみると・・・・。

a_006.jpg 「わお! アッパーぎみの光がぁ〜、コワイ? 」

a_017.jpg 西宮神社(にしのみやじんじゃ)

a_018.jpg 御祭神は?

えびす大神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
須佐之男大神(すさのお)

a_008.jpg 宇賀魂神社(うがのみたまじんじゃ)

a_010.jpg 市杵島神社(いちきしまじんじゃ)

a_009.jpg 伊勢神宮遥拝所(いせじんぐうようはいしょ)

a_011.jpg 石橋からの景色は、緑いろ、青いろ、赤いろ、鮮やか

a_012.jpg 松尾神社(まつおじんじゃ)

余談
神社横の案内には「まつおじんじゃ」のルビ、境内図には、「まつのおじんじゃ」
こちらも、あれれ?疑問保留。

a_013.jpg 大国主西神社(おおくにぬしにしじんじゃ)

a_015.jpg 火産霊神社(ほむすびじんじゃ)

a_014.jpg 百太夫神社(ひゃくだゆうじんじゃ)

a_016.jpg 六甲山神社(ろっこうさんじんじゃ)

ちゃんと参拝しましょ。

一拝(礼)。
チャリーン♪お賽銭。
鈴ならす。
ふかーく二拝。
パンパン拍手(右手を少しずらす)。
感謝の気持ち「なんたら、かんたら、ともあれ、ありがとうございます。
ふかーく一拝。
最後にちょこっと一拝。

正しくはそうなんだけど、随分はしょってしまった。

a_019.jpg 最後はやっぱりおみくじだね〜


いつ引いても、仕事のことしか書かれてないのは気のせい?
まわりでは、家庭のこと、子供のこと、などなど書かれているのになぁ。。。
ダイレクトなメッセージ?
信じたいような、かもしれないな・・・。


ちなみに、今迄に最高だったのは、
祇園 八坂神社「第一番 大吉」(以前のブログはこちら)

そして、ドキドキ、じやぁーん
「こんなんでました。

a_020.jpg 「第十二番 吉」

どれどれ

「なすことにすべてむくひのありときく身をつつしみて・・・。」
心が救われるような事が書かれてあり、正直ウレシイ。

それから、それから。

「このみくじにあたる人は、将来出世するでしょう。」って、
十代をとっくの昔に超えたK i i T、将来って、あの世かよ
さすが、ちゃんとオチ、関西のおみくじ?

「御主やりますなぁ・・・。」
「そんな意図はありません」って、神サマから叱られそうだ。

DSC_0436_20130530155707.jpg 「必勝」

勝たなくてもいいから、
一生かけて写真と向き合えたらそれでいい


ところで、神様がいっぱいなので、日本神話が気になるところ。
大国主大神って?

いなばのしろうさぎ・・・。
小学校の頃、美しい話で終わっていたけれど、
その先、別の側面を知ることが出来る。
大国主の神化してゆくストーリーはさておき、

多数の女神達?殺し合い?
「ひぇー。」なんて捻りのない単純な答を導き出し殺し合うんだ?
そこには、人間らしい、神様達の姿がみえてくる・・・。

気をとりなおして、あらえびす様は?
イザナギとイザナミとの最初の子供で・・・・・。
「ひぇー。」またもや驚き。
足が立たないからって、海に流すなんて。
それも、三年もそばにいたのに。
神様には愛着すら無いのかな・・。
自分さえよければいい?
せめて、そんな単純な話で無く、苦渋の決断であったと思いたい。

その先の神様達の事も、知りたいけど、また今度にしよう。
悲しい日本神話に、ぐったり

気を取り直して、もう一つだけ。
「恵美」って名前のついた
沖恵美酒大神(あらえびす)って、普通の「えびす」サマと違うの?

境内の案内図、御神徳の覧に
えびす大神の荒御魂(あらみたま)と書かれてあった。
時間もないので、Wikipediaから。

神様の魂は
同じ神様だけど、別人のような二面性があるそうで

荒々しい「荒御魂(あらみたま)」の部分と、
優しい「和魂(にきみたま)」。

人間への作用で言うと「荒御魂は祟り」「和魂はご加護」

ということで
「あら」のついた神さまは、
荒々しい方の神様が祭られている。

それで、さっきの絵馬には、
パワーを頂くことから「必勝」と書かれてあったのかな・・?

さらに和魂の中に二つ存在する。
「幸魂(さちみたま)運によって幸せを与える。」と「奇魂(くしみたま)奇跡によって幸を与える。」


で、予想してなかった答が・・・。
その先に書かれてあった。

「人間の心とは?」

四つの魂(荒魂、和魂、幸魂、奇魂)と、
それらを統括する直霊(なおひ)で成り立つという説。
「ふむふむ。」

「心」って普通に辞書で引いても
しっくりとこない、よくわからなかったけど
心の中にストンって落ちた。

日本神話や、宗教の神髄をたどれば、
見えてくる物があるのかもしれないな・・・。

宗教も人間へ残された答がわかりやすくあり、素晴しいことも多い。
けれど、商業的だったり、オカルト的・・・。
歪んだ解釈も多く、
それが、必ずしも、本来、言い伝え残したかった言葉だったとは
言えないんじゃないだろうか。

まぁ、これからもずっと、
無宗教なK i i Tだから、否定も肯定もしないけどね。


日本神話については、美しい部分以外も、
子供達と、おもしろおかしく、興味をもたせながら、語れるかも。
「会話がなくなった。」「寄りつかない」なんて嘆いてる
そこのおばあちゃん、おじいちゃん!
今一度、日本神話を学び、伝える。
世代を超えて、価値観の共有が出来るツールになるかもしれないナ。
ついでに、日本地図とセットでね。


それにしても、神様って、完璧で特別だと思っていたけれど、
人間くささを垣間見て、実は身近にいるのかも、
「幸せ」を運んでくれた、あのヒトや、
「気づき」を与えてくれたあのヒト
「反面教師」になってくれたあのヒトも
あの時の「奇跡」や「運」も

もしかしたら・・・。
もしかしたら・・・。

そんなこんなで
「写真の神様、いつもありがとう。

K i i T



























本日の撮影、神戸。

商品返却し、次の撮影まで時間がある、ということで
前から気になってたところへ


DSC_0436.jpg  どーこだ。

それにしても、驚いた。

本日の撮影場所、いつもお世話になっているパティシエ美紗さん(EnVie MiSA’SHAPPYSWEETS)の事をご存じだった。

それに「つながり食堂」に登場したやむさいさんからお野菜を仕入れていたり、

つながってるんだなぁ・・・・。

この続きは、こんど。


K i i T


写真を販売をさせて頂いてるお客様へ

おかげさまで、商品の発送を開始いたしました。
主にポストへ投函されるメール便ですので
ビニールにて梱包しておりますが
なるべくお早めのポストご確認をよろしくお願いします。

変更点のご案内。
集合写真のタイトル付き、ハガキサイズご注文分について
トリミングの加減で少し横長のハイビジョンサイズへと(金額は同じ)
変更させて頂きました。

業務連絡的なブログでごめんなさい。

K i i T


あいかわらず、コンタクトを外す時間が少ない。
やばーい。

今日の一日、こんな風。

朝はお礼のメールに返信メール。お知らせメール。
写真販売させて頂いてる親御さん達へメール。

本番指示の写真2件分処理。サーバー納品。
ついでに気になる曇り空を青空に変身、サービス合成

WEBの提案&次回の撮影スケジュール確認。
レシピ撮影の提案
どちらも、クライアントさんにとって必要そうな事を。
そして仕事になれば、やり甲斐もあり、楽しい〜
みんなが幸せになれる仕事をつくる。
種まき巻き〜。そして絡まる、時々空回り〜

明日のロケ、神戸。
5ページ分の撮影内容をようやくシュミレーション。
頂いた資料を見ながらロケ順。

同じく、明日、撮影前に神戸への商品返却、
別件をひっかける。梱包。

明日、バッティングしたお仕事をお願いしてるカメラマンさんに
クライアントさんの担当者を伝えて、それから、それから。

写真販売をさせて頂いたクライアントさまへの中間報告も。

それから、まだ、もう一件ある。

仕事って、集中力が続く限りエンドレス。
今日は、撮影がないけど、やることはいっぱい。

何件もかけもちするには、一緒くたにして考えない。
記憶力が乏しいから、頭の中をフォルダーわけ。

今はこの時間、次はこの時間。ブログでリフレッシュし、
案件ごとに瞬間集中。

「作業」する為の「作業」はつくらない、無駄を省く。

頭のフォルダー、
一つ写真販売を掘り下げるとこんな風。

撮影のご依頼くださったクライアントさんに
ご迷惑は絶対にかけられないから「確認の確認は必需」
けれど、時間がないから、システマチックに。
自動的に、確認し、最終工程に流れる仕組みづくり。

注文メールがくる。
確認の返信
(メール内容は受注内容をコピー、要らない文章を削除)

受注のリストアップ
エクセルには「受付番号_名前」から始まり配達の送り状番号まで。
30_20130522181706.jpg

数字を打ち込むと計算されるようにし
別の順番で計算した数字と照合。答えあわせ。

20_20130522181708.jpg

ご注文写真は、
「受付番号_名前」フォルダーをつくる。
その中にご購入頂いた、写真を移動。
サイズ別にトリミングをし、色の微調整、プリント注文フォルダーにいれる。
写真屋さんの自動に近いトリミング、あまり好きじゃないので、
プリントサイズで切る。一手間。

ネットでプリント発注

受付番号ごとに、入金チェック、確認後、梱包、発送納品。
段階ごとにフォルダーを色づけ完了。
進んでゆくように、ゴール。


40_20130522181705.jpg梱包時では納品書の下へ、受注メール内容を抜粋し確認内容としている。

お客様へもそのまま確認書として、
納品書につけておく。

それをもとに、
受注プリントが間違ってないか。
最終チェックし封筒へつめる。

そこを通と、必然的に最低でも3回
確認できる方法。

と、今は半分アナログ販売だから、時間がかかってしまうけど
これをカートシステムにすると、半分以下の作業ですむ。


まだまだ、無駄がある。
撮影以外も、もっと効率よくしなきゃね〜

出来る人を見てはマネしてみるけど、どんくさい。

釣れない魚つり、海の音を聞きながら居眠りするのが好きなんだなぁ〜。
落ち着いたら・・・・。

K i i T


スタジオ兼用、住居にて商品撮影〜

5_20130519061528.jpg 小綺麗に撮影したり
4_20130519061529.jpg寄ってみたり
6_20130519074233.jpg 水滴をつけてみたり、なんやら、かんやら。


ブログでも登場した、ちょいワルせんべい(ちょいワレせんべい)や
おにぎりの写真など撮影をさせて頂いてるクライアントさまからのご依頼。

ココの商品、おいしいものしかない。
毎回、撮影が楽しみで、ワクワク
大きな流通なので、個個へ案内出来るサイトがなくてごめんなさい。

商品を引き取ると、撮影イメージ用と、商品撮影用、
そして「K i i Tさんよう一本あげるよ」と
目にいい、ブルーベリーのジュースをくださる社長さん。

写真屋に、目にイイ商品、うれしい〜!
ありがとうございます。

AM9時、神戸へひきとり
30分まえに到着してしまった。
お電話すると「早いほうがうれしい、ありがとう」と、
8時からすでに始動されている、社長さん。

いつお会いしても、パワフル、お元気で。
歳を重ねると目の奥の光り方、内面など、顕著にあらわれる。
還暦をとっくに超えられているとは思えない。

仕事も即答。決断が早い。
「K i i Tさん、この写真どうや? 通販にあうか?」
他のカメラマンが撮影した以前のイメージ写真をみせてくださる。

「この写真、大きな扱いだと、すごくいいですけれど、小さな通販の誌面にならんだ時、
背景が暗く重たいので、明るめにしたほうが、目を引くと思います。」 K i i T
(会話内容はもっとふにゃふにゃだけど、こんな意味の言葉)

「ほな、撮ろうか」
「これより、おいしそうに出来るか?」

「はい。」即答。
おまかせあれ・・・

ぁははは・・・・」 大きな声で笑う社長さん。

こんな風に1カット増えたり。
その逆に、3パターンのイメージ撮影では
(子供向けの牛乳混ぜバージョン。焼酎わりバージョン。お水でわったらスポーツドリンク。)

「炭酸もとった方がいいやろか?」と、悩んでいらっしゃれば
「イメージの写真の下に炭酸で割れることを文字で表記すれば伝わりますよ。」と、K i i T
1カット、拾えるけど、必要ない物を提案してまで商売気はない。

撮影中、時間があったので、炭酸バージョンも撮影。
お見積もりに入れてないから、サービス。
通販の小さなカットだと、炭酸の泡が見えないから、水とあんまりかわらないんだけどね。

そんな、楽しい打合せの中
横で、資料を揃え商品の梱包、車に運んでくださったり
手際よくサポートしてくださったのはNさん。
ありがとうございます。

社長直々に伝授され鍛えられ中のホープNさん。
初めてお会いしたときは、元気で「はい」「はい」と、瞬発力、動きのいい方だなぁとの印象。
それから、年々、社長の一手先、二手先を読み
声にハリ(自信)がついてきているように見える。

数回しか面識がないけれど
Nさんの資質を見抜き、育てる環境。
ロボットにはない人間力って素晴しい〜です。

写真の仕事をしてると、新人のモデルさんや、年齢に関係なく
将来が楽しみな原石があっちにも、こっちにも、落ちている。

中には、環境によってつぶれてしまうモノもいるけれど
レンズを通すと、輝いて見える。

そんなこんなで撮影〜

1_20130519061533.jpg 2_20130519061533.jpg 箱撮り


6_20130519061634.jpg 袋もの

7_20130519061633.jpg ビンの単品撮り

ビンでは、気になるのが、映り込みのグラデーション。
オッケーラインだけど、トレペのラインは嫌いで、
それを、逆にハッキリとさせ、シャープなイメージの、モニターや化粧品の撮影はあるけれど
今回のは身体にいい、やさしい光にしたい。

ここは、誰もきづかないけど、絵心、こだわりです。

撮影を終えて無事に納品。
引き取りから、撮影まで一週間と少し、まって頂いた。
「時間がない。」
そんなことを、言わずして、わかってくださり、早めのスケジュール確認や
普通以上に納期をくださるクライアントさま達。

それに輪をかけて、
ボケっとして入稿間近の納品を一日、24時間おくれてしまったことも。
ダメだなぁ・・・。

至らないにも係わらず、寛大なクライアントさま
申し訳ないかぎりで

何件もかけもち、何倍も働けるのは、
納品後のうれしいお礼の言葉やメール、
ダイレククトに写真を販売させていただいてるお客様からのご注文などなど
それが、明日への活力となり
モチベーションのアップ。

しかし、人間って眠たくなる生き物
どうにもならないときは、やっぱり睡眠。

まわりは忙しい方ばかり、仕事以外の自分のこともこなし、周りへの配慮、
頑張っているのに、スマートでかっこいい。
それに比べて、どんくさく泥臭い、まだまだ不肖K i i T、見習わなきゃ。

とりあえず、今日の仕事、目先の仕事に全力で・・・。
一日は長い。
そして、短い・・・・。

ひぇーん。
今から撮影して午前中に納品。
別件、写真プリントを台紙に貼り、注文分を封筒に詰め発送。
明日は神戸で撮影、なので、今日中に済ませておかなきゃいけないことが山盛り。

23日も仕事がバッティング、一つはキャンセルになったものの、
また入る、さらにもう一件また入る。
偶然にしても、集中する仕事。
「なんでぇ〜」
一つは信頼出来るカメラマンにお願いし、一安心。
ほんとに、よかった・・・・。

他には、6月の案件
ムービーのご依頼がきた、こちらは低予算、学生レベルでもいいと言う。
声かけてみるけれど、誰もいない。。。
カメラマン。。。。だれかぁ・・・・。いないかなぁ・・・・。



K i i T









先日の撮影
企業サマが発行するマガジン 夏号
Cookingコーナーの撮影

「ほのぼのとした空気の中、順調に撮影が進む」と、
言いたいところだけど、久々に苦戦したんだぁ〜


ブログ編です。

ロケ地、奈良へ向かう。
ナビを頼りに最寄りの場所へ到着。
「あれれ・・・。」
そういえば名所、お伺いしてなかった。

車を止めて、電話。
ふと、横の表札を見ると 「おわっ

ぇ〜・・・・

そこに書かれてあった文字は、
こちらのお仕事を頂いてる社長サマ宅。

思わず、ファッションチェック
何度見ても、小汚い?
動きやすい撮影重視のグレーの服は変わらず

腹を決めて「お礼を言える良い機会。」
言い聞かせ、
玄関をくぐりぬける。

運良く?
社長サマはいらっしゃらず、
「ほっ」と胸を撫で下ろす。
人見知りが激しい失礼な K i i T

そんな、こんなで
ドキドキの幕開け、
フードコーディネータ兼ディレクターのリコさんと撮影開始

空を見上げると快晴、
自然光で撮影しましょ♪
そうしましょ♪

セッティングを始めると 「ぴゅぅううう〜突風〜
スタンドにウェイトをかける。

作る工程、説明カットから
パシャ? れれ・・・? 「どこからそんな大きな雲が現れるんだ〜
ストロボで光を入れる。

なんとか撮影に持ち込む
「太陽さーん、ここは顔出さないでぇ〜 露出はコロコロと、容赦なく、必然的に色温度、安定せず
こうなったら、なんでもコイ、技術で立ち向かう。

パシャ、パシャ
・・・パシャ
・・ シャ?
・・ ャ?

正午の順光、なんとも、まずそうな写真。
ただ、写ってるだけ。
影が出来る場所に角度を変えてみるものの、吐きそう。

小さな説明カット、
オッケーラインなんだけど、
うぅうう、やっぱり、嫌だ!

別のイメージカットからなら
木陰で撮影すれば美しいけど。
もう少し斜光を待ちたいし・・・。葛藤。

ぴゅ〜、トレペやら、スタンドやら、倒れた。
「ここ、風の通り道なんです。」と、 リコさん


「はっはっは・・・・・


自然の偉大さに、太刀打ちしようなんて間違ってた。
「今更ですが、すみません。室内で撮影、変更します。」


とほほ・・・。
恐れ入りました。
こてんぱんにやられても、めげません。

「メイン写真だけは、絶対、外ロケ。お願いしますね〜」
太陽と写真の神サマにお願いしつつ
機材を運び入れライティング

自然光は、僥倖にめぐり会う可能性も大きいんだけど
ストロボは、安定するので、描きやすい
どっちも、どっち・・・。

ともあれ、かくもあれ
ようやく、落ち着いた。
いつものペース

a.jpg  アングルは、上から?下から?
料理は答えてくれないので、
イイ表情を探して、
モデルの用に撮影してゆく、ちょっと変わったK i i T。

そんな部分を知ってくださってか、
小道具など、セッティングされたら、
そっとしておいてくださる。
おかげさまで、思う存分撮影。



007_20130514124922.jpg 撮影も無事に終わり、カメラマンの特権 〜食事中〜

となりにいらっしゃるのは、
リコさんの旦那サマ
助っ人に来てくださいました。

アイロンがけやら、
荷物を運んでくださったり、終始サポート。

普段は海外でお仕事をされたり、
営業やら、WEBプランナーやら、
リコさんと同じくスーパーマルチ人間。

ゴールデンウィークにも係わらず、
ありがとうございました。

006_20130514124920.jpg 「こちらはアヒージョ、パンにたっぷりとつけて・・・。」リコさんの解説つき
シーフードが煮込まれたオリーブオイルが、最高
本番の写真では、火からおろしたて、
まだ、グツグツと音を立て煮込まれた、アヒージョ。
ニンニクの香りが食欲を誘う。


005_20130514124919.jpgトロ〜リ、白ワインで作ったジャムのタルティーヌ

他にも、リコさん作、
もっちり、ずっしり、ゅう〜、っと味が詰まった、おかずに合うパン。
(こちらの写真は、仕上がり紹介の時にアップ)


シアワセ〜
心が満ち足りてくる。
ごちそうさまでした。



DSC_26711.jpg

撮影中、不思議なことが
外光が手許にふりかかる。(撮影には支障のない光)

「リコさん、見てみて!すごい!」K i i T
「K i i Tさんは光と友達ですもんね」と、ニッコリ、リコさん。


その言葉が、心の中にストンって、気持ちよく落ちた。
光との距離感が、嬉しい響きです。


それにしても、やさしい光
寝不足?疲れ目だからか?
幻想的に見える。


小豆島のロケと同じ感覚
違いを言葉で表すなら、
あちらは、少し気高い感じ、
髪の毛が天辺から襟足まで、逆立つような怖さを持ち合わせていたけれど。

こちらは、あったかいのだぁ〜・・優しい・・・。
虚心坦懐に写真に向き合える。
何だぁ〜。なんだぁ〜。

お二人以外の気配。
クンクン?みゃう〜?
天井?外?隣の部屋?後ろ?何もいない。
けれど、何かに包まれているような、見守られているような。

リコさんが次の料理を運んでくださる。
「あっ!」
「みぃーつけた☆」
「正解☆」リコさんを驚かせてしまった。
答はまだ内緒。

けれど、まだ、何かがたりない。
ご姉弟もいない様子だし、不思議。
写真以外、鈍感なんだなぁ・・・。

001_20130514124916.jpg 高級そうなワインやブランデーがズラリ

メイン写真の小道具に、ワイン登場。
それが何年も開封されていないにもかかわらず
コルクからワインが滲んでいる。

これって、もしや「天使のわけまえ?」
以前に、サントリーさん取材時に教えてくださった言葉が浮かんだ。
(ワインが樽の中で熟成するとともに量が減る。それは「天使のわけまえ」なんだとか)
お酒好きな天使さん、いたらいいなぁ。

夕刻に近づき、待っていた斜光。
葉桜の影がウッドデッキに表情をつける。

さっきまでの突風はどこへやら、さらに雲一つ無く澄み切った青色。
これこそ、ロケ日和。

メイン写真を押さえて、終了。

教訓、自然には、負けた方がいい。
流れに逆らわない

それから光との距離感
リコさんの言葉が心にのこる


さぁさぁ、ブログで気持を切り変えたところで
第二ラウンド突入。
小道具を買いにゆかねば、イメージ撮影して、明後日の朝に納品で、
それから、写真販売のご注文分をちょこっと色調整して、それから、それから・・・。
今日も、長〜い一日がはじまる 
メールの返信忘れがち、ごめんなさい


K i i T






人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2013年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。