*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

武蔵塚の続き
一昨日のブログはコチラをクリック)


宮本武蔵の獨(独)行道
二十一ヶ条

7_20140224052055f7f.jpg



【一、世々(世間)の道(道理)をそむく事なし】

【一、身にたのしみをたくまず】
   
【一、よろず(すべて)に依怙(えこ)の心なし】

【一、身をあさく思 世をふかく思ふ】
   
【一、一生の間よくしん(欲心)思はず】

【一、我事において後悔をせず】

【一、善悪に他をねたむ心なし】

【一、いずれの道にもわかれをかなしまず】

【一、自他共にうらみ(恨み)かこつ(託つ)心なし】

【一、れんぼ(恋慕)の道 思いよる心なし】

【一、物毎(ものごと)にすき(数寄)このむ事なし】

【一、私宅においてのぞむ心なし】

【一、身ひとつ美食をこのまず】

【一、未々代物(代々家宝)なる古き道具を所持せず】

【一、わが身にいたり物いみする事なし】

【一、兵具は格別よ(余)の道具たし(嗜)なまず】

【一、道においては死をいとわず思う】

【一、老身に財宝 所領(しょりょう)もちゆる心なし】

【一、仏神(神)は貴し(尊し)仏神をたのまず】

【一、身を捨て名利はすてず】

【一、常に兵法の道をはなれず】


22_20140224052145028.jpg


空に届きそうな程、両手を高く上げ
号哭しているようで・・・。

二十一ヶ条の前に
向かい合うように立っていた大きな木を
ずーっと、眺めてた。


K i i T


「武蔵に会いに・・・。」 先日のブログの続き


DSC_5080.jpg 「光」の隣に「武蔵」の文字。豊肥本線(阿蘇高原線)きっぷ運賃表


22_20140223005748457.jpg 乗務員さん一人、ワンマン電車

23_20140223005746c04.jpg 車内には、馴染のない運賃表やゴミ箱

24_20140223005745703.jpg 武蔵塚駅を下りて迷いながら10分程

32.jpg 武蔵塚公園

44_20140223030112968.jpg 宮本武蔵が残した五輪書(二天一流の基本的な伝書)


細部の説明を
端折って抜粋

「地の巻」基本的な考え方
術だけでは、まことの道を知ることはできない。
大きいところから小さいところを知り
浅いところから深いところに至る道。
手段は合理的に。

「水の巻」精神(水の心)
ただ見るとかまねるとか言う理解でなく
自ら見極め、工夫することを心がける。

「火の巻」戦法
火は大きくも小さくもなり変化が激しい。
よく考え、習熟。
一対一も、万人との戦いも同じ、大局を洞察し吟味。

「風の巻」流れ(動向 昔風、今風、家風)
他をよく知らなければ自己を知ることはできない。
真実の道をきわめないと、少しのゆがみがあとに大きくゆがむ。

「空の巻」空の心
その道を会得し、武芸、知恵を学び、心を迷わすことなく磨き、養い
すべて備わることにより、雑念を拭い空の心に到達。



20b.jpg 武蔵塚公園の入口
20a.jpg 右上に赤い、つばきの花、一輪だけ咲いてた

そう言えば
むちゃみたいな雪だるまの上にも
赤い花、あったな・・・。

おんぷタイツ001 むちゃが、連れて行ってくれたのかな


武蔵塚
つづく・・・・。



K i i T







先日の熊本ロケにて

8_20140219001501155.jpg 無料の空港ライナー(乗合タクシー)

肥後大津駅から、熊本空港まで
一人で快適に乗車させて頂き。

ブログ用にカメラを向けると
扉を閉めてくださった運転手さん

ということで
びょ〜んと、広角レンズで
くまモンっぽく、パシャ
 
6_201402190015026af.jpg

放浪大好きな、方向音痴にも
親切な街、熊本。

今度は
ゆっくりと行きたいな


くまモン くまモン くまモン くまモン♪
くまモン くまモン♪
くまもとが好き くまモン モン モン(森高千里さん)


早朝提出のテキストを
まとめながら・・・・。


「くまモン くまモン くまモン くまモン♪」


頭の中でヘビーローテーション・・・。


「くまモン くまモン くまモン くまモン♪」


あっちへいきなさ〜い


「くまモン モン モン♪」


頭がさらに
アホになってきた



K i i T 



今にもしっぽを振りそうな
わんこ。

66_201402022229006e6.jpg 木で作られた箸置き。

料理家さんSさんの小道具
お会いするのは初めて。

けれど
KiiTの写真はすでにお会いしていた。

野菜ソムリエ、プレミア会員さんでもあるSさん。
旬の季節に配られる会員誌の中で
「いちじく」「くり」「もも」号
関西エリアの写真を担当していたのだった。

写真が先に出会うなんて
失礼ながらも、親近感、うれしい。

今回はレシピの撮影
料理はまだ見せれないので、準備中をブログ用にパシャ

DSC_4835.jpg カメラを構えるSさん。

DSC_4802.jpg 個性的なコーヒーカップ

DSC_4797.jpg 出してくださったチョコレート

「チャーミング」そんな文字がぴったり似合う笑顔のSさん。
一見とはうってかわり、釣り好き。
それも大物大会、全国優勝などなど、ご夫婦で表彰楯を並べるほどの実力。
他にも、縁鹿小町の活動に携わる。

「縁鹿小町」では、害獣被害などの為に捕虜した鹿の有効利用を考え
鹿料理について考えていらっしゃる。

「命を土に埋めてしまうのは・・・。」と、
鹿肉の販売普及も力を入れていらっしゃる「縁鹿小町」だけれど
実際には解体する場所や衛生面を考えると、難しいのだとか。

もし、鹿肉の利用など考えていらっしゃる方がいらっしゃれば
是非、縁鹿小町へお問い合わを。

鹿は鉄分が多く食物として栄養素は十分。
鉄分の過剰摂取は菌の繁殖につながるけれど
馬肉同様、貴重な食材として利用できるお肉だから
必要な場所へ、必要な食材が流れる仕組みが出来ることを願う。

そんなこんな
アクティブな料理家のSさんと、ディレクターのリコさんの
おかげさまで、撮影を無事に終え、納品も終わり一件落着。

そういえば「わんこ」の他にも
ぬくもりと気配・・・。

ディレクターのリコさんが
持ってきてくださった
伯母さんがつくられた手作りのお皿。

手のあたたかさが残る
優しさのこもった器だった。

6_2014020222300430e.jpg 

今、しっぽ
振ったでしょ?

モノに、命が宿る。
あるのかもしれないなぁ。。。


K i i T 



真っ白な雪が
街灯に照らされて
スポットライトを浴びる。

すっ、すっ、すっ
かすかに聞こえる雪の音。

アスファルトの上で消えてゆく。

明日の朝
太陽の光に
会えるといいね。

10_20140207235622a75.jpg

大阪では珍しい雪だったので
パシャ


K i i T

くまモンに会いに
じゃなかった・・・。

今回の取材は
写真と文字
下調べをしていたら朝になってた。

写真にかかわることは
仕事であっても特別だから
ムダな時間に囚われず集中したい。

一番、やっかいな事は
方向音痴。

ど真ん中
一直線で進みたいにゃぁ〜

09_201402061848145b2.jpg

仕事が終わったら
風の向くまま

知らない土地と空気
それから武蔵にも会いにいってみよう。


窓からの景色は
多々羅大橋(西瀬戸自動車道)あたり。

写真の左上、その先には
広島湾に浮かぶ厳島神社の大鳥居?

あれれ・・・。
見逃してしまった



K i i T


人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2014年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: