*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月のロケは
大好きな色した海を眺めることが多かったな

「三重県、伊勢」「和歌山、那智勝浦」
そして昨日の「鹿児島ロケ」。

別のクライアントさんからなのに
不思議と重なった。

10_20140731133525351.jpg 

天候のため2泊3日を予定していたロケは
青空のおかげさまで、1日で終えることが出来た。

帰りの飛行機が間に合わない時の為に
ホテルの手配を待機してくださってたHさん。
想定されるパターンの交通手段なども
丁寧に送ってくださり、ありがとうございました。

こんな時に限って、車はスイスイ
ゆっくり、観光したらよかったかな

鹿児島でも指宿市までゆくのは
こどもの時、以来。
出発前に、忘れられない夏を想い出してた。

澄んだ色した遠浅の海。
スノーケルをつけて、潜ると
足下すぐ近くを小さなエイが泳いでた。
びっくりして、うれしくて
マネして、すぃーっと、息を止めて潜水してみると。
そこは違った世界。
太陽の光が海水のフィルターを通し
波の模様で形どられた砂地へと降り注いでた。
みんな生きてるみたいで、ゆらゆらと楽しそう。
遠くにいる船の音が水の中をとおし、低く身体に響いてくる。
シャワウ、シャワウ、シャウ、
お腹の中にいるようなドキドキ感
もっと、そこに居たいけど、息が続かなくなって
プカ〜っと、力を抜いて水面に浮いたら
思いっきりスノーケルにたまった水を外へふく
まるで、くじらになった気分

あの頃に……。
って

戻ってる場合じゃなかった。
お仕事、お仕事

現実へともどる。
大阪国際空港(伊丹空港)へ向かう
リムジンバスに乗り込む。

なんば駅から30分程
一番前に座り、快適。

ちょっと、寝よう

と?
へ?

ポタポタ
ポタポタ……。

ぽた?
へ?

「鼻水?」
「ティッシュ〜

色?
鼻血……。わぁ!

鼻血って、大げさに出血する。

おとなになってから出したことないのに
そんなとこで
こどもにもどらんでも

泊まり用の着替えをもってたので
バスの中で、シャツを着替える。

空港につき、売店へティッシュを買いに。
そのレジで航空券を忘れた
搭乗前に慌ただしく再発行していただき、ことなき

血でちょっと
焦ってたかな、平常心。平常心

飛行機に乗り込むと安心?
「滑走路が大変混み合っておりますので、出発が遅れています」とのアナウンス。
15分遅れで鹿児島へ到着

クライアントさん達と
無事に逢えたから、こんどこそ安心?

空港前の道路を走らせ、随分たったころ
「あれ?」と、運転されていたKさん。

空港前
さっき走った道路へと、また戻ってた。
Uターンしたっけ

今日は、きっと
「いつも以上に気をつけなきゃいけない日」。

写真の神さまへ
波長を添わす。

やることをやった後は
神だのみ

むちゃ、
気づかせてね

人を通し、光を通し
どんな姿であれ気づけますように

失敗はゆるされないから
ピント、背景、設定、何度も何度も確認

何年も携わらせて頂いてる『本物をつくる』ページは
作り手の想いが詰まった誌面。

今回は撮影と並行し
被写体の伝えたい言葉も正確にトリミング。

強い想いと、誇り、家族との絆
そこへゆくまでの心境の変化、
育った環境で備わった見解と智慧。
新しく生まれた家族。
次の時代を背負う若き後継者の物の見方。
共存する中で、成長し、分かち合う喜び。
家族への感謝。

2ページの
誌面では書き出せない程、
想いを秘めたTさんだった。

9_2014073114311938c.jpg TさんはクライアントのMさんがKさんを通し探された方。

普段はスーツ姿のMさん。
こちらをクリック。いつもと違ってシャツとジーンズ姿

ギャップ感からステキに見える。
顔は同じなのに

3_201407311424594a0.jpg 見慣れない電車が通り過ぎた。

いつもと違う、景色の中で、
黄色の「指宿枕崎線 快速 なのはな」

ふと、先日発行した黄色の表紙
『Piece Piece Peace』の事を思い出してた。

すかさず
「フリーペーパー出したんだって?」と、Mさん。

わぁ!
心の中を読まれた?

違った場所で
フリーペーパーに登場する方々の話をする。

持っていた『Piece Piece Peace』をお渡しすると
一つ一つ、じっくりと読んでくださったMさん。

その後、待機中にお伺いしてみた、
「どうやって、毎回ステキな登場人物やおいしい物を探されるのですか?」と。

てっきり、試食が大前提かと
思ったら全くちがった。

おいしいものを見つけるのは、手当たり次第
その中で、コレだと思う物がある。

食べるだけでなく、
まずその人へ会いにゆき
作り手を知るところから始まるのだとおっしゃてた。

会員の方へは
美味しくて身体に安心なものを届けたいからって
全国を渡り、人へ会いに行かれるMさん。

何か持ってるよね。
いい物を作る人達って、シェフの哲学みたいに、必ずあるよね。
って、フリーペーパーPiece Piece Peaceのことも
短時間で、読まれてた

Mさんが取引先を探す出会いでの中で
しじみを五感で仕分ける職人技に
驚かれた話をしてくださった。

知らないことを人を通して知り
想像する。

死んでいるのか
生きているのかを選別する職人技。

しじみを落としたときの
「カチッ」とした音の違い。

外観は同じなのに
生きているのか、死んでいるのか。

「カチッ」っと、
どんな音がするんだろう。

途方もない数の「カチッ」と。

人間の心は、どうやって、
生きてるのか、死んでるのか
見極めるのかな。

死んでいる頭上の暗雲がなくなれば
身体は生きてるから奇跡がおこるかな

撮影も、撮影後も
心がいっぱいな鹿児島ロケ。

早く帰り
今日は、本来無かった時間なので、立ち止まって考える。

「いつも以上に気をつけなきゃいけない日」。
つづく

K i i T




スポンサーサイト

8月28日初版発行、撮影のあがりをご紹介。


 『カフェのフード300』

旭屋出版  『カフェのフード300』
2014年8月28日 初版発行
2,000円+税

月刊誌『Cafe&Restaurant』 2012年2月号から2014年4月号、
ムック『スーパーカフェ・ブック』vol.9からvol.11に掲載された記事と新企画を再編成されたもの。

看板メニューや
こだわり具材、アクセントポイントなどなど、一挙に紹介されているので
見応えのある一冊。

彩りが良く、バランスのとれたメニューは
カフェ経営者でなくても
アイデアが湧いてくる保存版になるかも!
是非、ご一読ください。


お家ごはん(パン)
何にしょかな……。

盛りつけ
どうしょうかな……。

って、料理できたっけ?

先日、ポストに届いたあがり。
おちついたらゆっくと拝見させて頂こう


K i i T



 『カフェのフード300』

旭屋出版  『カフェのフード300』
2014年8月28日 初版発行

KiiTSHOPの発送〜
本日、無事に終えることができた。

「ほっ」と。

今月は、親御さん達へパスワードが
浸透しておらず、お問い合わせ多数。

ということもあり、
毎月1日から15日までオープンしているKiiTSHOPを
引き続き閉めずに延長させて頂いた。

問題は集計
どこで切るべきか。

発送の期限は
「25日から末日までに到着」と、しているので
早々にご対応してくださった方へは、申し訳なく思いつつ
期限いっぱいまで使わせて頂き、
27日、日曜日に確認が取れたものまで出荷することに。

確認がとれなかったご注文は
8月末発送分として対応。

大好評の
今月のプレゼントキーホルダー

1_2014072822423444d.jpg 大好きな空色にしてみました。

今月から丸形へ変更
思ったより大きくて満足。

DSC_7124.jpg 一人一人の顔を選んで切り抜いて、レイアウト。

笑った顔、戯けて見せてくれたヘンな顔などなど
どれも、見てると、
ビジネス頭にはなれず、このキャンペーンをいつまでも続けたいと思う

その為には
時間短縮あるのみ。

3_201407282242361c7.jpg ボケーッとしてるから、間違えないように2重チェック

2_201407282242351cf.jpg キーホルダーも貰って嬉しくなるような梱包をこころがけ、自己満足

4_20140728224238138.jpg 封筒も伝票も写真も順番にしてシステマチックに。

頭は、なるべく疲れさせず、流れ作業に
引き取りから、キーホルダーづくり、梱包、チェック、発送。
仕事の傍らで作業をすると、とんでもなく間違ったので
だらだら、対応せず、集計が終わってから
みっちりと1.5日〜2日かけて集中して取り組む。

もっと、効率の良い方法ないかな
まぁ、まぁ。
来月のことは来月考えよう。

またもや、うれしいメール
仕事にしたいお見積もり、1件。

参考資料までくださったiiさん
明日中に提出させて頂かなきゃ、まっててください〜。


K i i T






「ひつじさんday」 
昨日は、秋号のクッキング撮影


1_2014072705082851b.jpg ひつじさん?

2_20140727050828b1b.jpg ひつじさん?

6_201407270508249f3.jpg ひつじさん?
ディレクターのリコさん。
後ろにいらっしゃるのは、笑顔がステキなTさん。
撮影準備をしてくださっているのをパシャパシャ

7_201407270525290f5.jpg  ひつじさん?
気さくなお人柄の店主Fさん。
つくられる料理は、身体に優しいこだわりがいっぱい

3_20140727050825fb9.jpg ひつじさんが多い撮影現場

店内にあるひつじさんを探す。

ひつじが1ぴき
ひつじが2ひき
ひつじが3びき
.....................4..5..6..7.8..9..

未年さん生まれもいらっしゃって
ひつじさんに囲まれ、ゆったりと撮影しやすい現場
扉のメインカットは、ちょこっと時間をかけさせて頂き
おかげさまで、いいのが撮れた

ありがとうございました。

写真は、秋号の上がりとともにご紹介

女性一人でも入りやすい
カウンター席。

今度は、ゆっくりと
こだわりの玄米ごはんを食べに行きたいな

夏バテや慢性的な疲れは
食生活で気力を、ひつじ食堂さんへGO!



ひつじ食堂さん
大阪市中央区、船場中央4-1-10
船場センタービル10号館 
船場茶屋小路 地下1階
定休日:日曜・祝日


帰宅してメールを見ると、
六甲にいるひつじさん達からのはからい。
ピースへと続く。



K i i T





大きなイベントの記録撮影。
報道をさしおいて、優先的にポジションを頂き
撮影しやすい環境を調えてくださったKさん、ありがとうございました。

5_20140726014220c08.jpg 写真は見せられないから、ちっちゃくアップ。
深みがあって、修羅場をくぐりぬけた背中……。

写真を管理してくださっているiiさんや
他のスタッフさん達も
記録を楽しんでくださって、看板ごしに撮影しつつ、皆さんの行動も記録。

よる。
もっとよる。
ぐーんとよる。
右から左から、下から上から。

そのリズムを楽しんでくださる方々。
不思議と、みんな同じポーズ、目が少し笑って同じ指差し
「普通におねがいします」。KiiT
ピリピリしていてもおかしくない堅い現場なのに、
和やかで優しい空気

DSC_5589.jpg 本番日の朝「ほっ」と一息。転生された光がレンズの中に時間をくれる

Kさんと現場が一緒になったのは、20代前半以来。
いろんな事を思い出して、緊張した

リスペクトっていう言葉が
自分の中に生まれたのはKさんがはじまりだった。

数年前、偶然撮影場所でお会いして、それ以来、撮影のご依頼くださったり
イベントの事で、ご相談にのっていただいたりとお世話になっているクライアントさん。

あの頃は、カメラマンでなく、イベントのアシスタントディレクター。
走って、走って、とにかく走ってた頃。

その頃の
印象深い一日は打ち上げでのこと
ホールの奥にあるビップ席でカラオケ。

エアギターで酔い浸るディレクターや
Doobie Brothersを歌い上げる社長、演歌をうたうプロデューサーがいたり
椅子の上で踊って、飲んで、現場をやりきった感に包まれた光景が眩しかった。
随分前のことなのに、覚えてる。

その日、はじめて
光った人間にあうために
光った人間になるために。

そうなりたいと
願うことを知った
それが、今のカメラマンにつながっていたのかもしれない

その頃にお会いしたS社長やTくんや音響さんや
なつかしい方達も、かわらず一線に立ち
さらに厳しさの中にある余裕と責任感ある重厚感をまとっていた。
男の人って、生き方そのものが、表情やしぐさに現れる。

帰りは、ロケバスにこられたS社長。
労いの言葉をかけられる。

「100点でした」と、お褒めの言葉を頂きました。
みなさんのおかげです。ありがとう……。

その「100点でした」との言葉は
統括されていらっしゃった方が、S社長達に最後の挨拶でかけられていた言葉。

その言葉をスタッフさん達へも
届けられてた。

みんなで分かち合う喜び、
最後まで素敵だった

納品も完了し
請求書発行〜

さっ次の現場へ〜
こっちのボタンをスィッチ


写真の神さまとむちゃのはからいにも
ありがとう。


K i i T 





20日、21日は、那智勝浦で撮影。
ロケバスへと乗り込み約5時間

ふかふかのシートと足回りのバス
一目も気にせず黄金の睡眠。

ふと目を覚ますと
橋杭の立岩が見える休憩所

DSC_5024.jpg

弘法大師さんと天の邪鬼の話が書いてあった。

そんなに偉い弘法大師さんが、鳴き真似を見抜けない?
「そんなアホなー」心の中で突っ込む。

起源は誰にもわからない言い伝え。
別の意図があったとしたら?

天の邪鬼や人間が最後の部分を作り始めることを期待し
完成した喜びと達成感から学びを得られるようにと
わざと残してたんじゃない?とか

それとも
ただ、たんに疲れて、騙されたふりしてやめた?とか

もし、つづく…。
だったとしたら、
結果は違ってたかもしれないな。

「あの人が言ったから」
「みんながそうだから」
「そういう時代だから」
「ここに書いてるから」

そういうモノサシが常識になりつつある世の中だけど
あるニュースが
その言葉だけで完結していた時には
「ぞっ」と、した。
この気持ちの悪さ、少し怖さを感じる。

弘法大師さんは、
何を伝えたかったんだろう。

生命の中でも、考える力をもっている人間だから
ポンコツ頭でも
放棄せず使いたいな。

夢の中で、
天の邪鬼とカッパが
美味しそうに、きゅうりを食べてた。

現場へつくまでは、
充電中の頭の中。

K i i T

カタッ、カタッ、カタッ
身体をゆらすと、イスと床面に出来た空間からリズムのイイ音。

天上の高い体育館に響き渡り
それにあわせて
「オッ」「ワッワッ」「ウッ」
とっても楽しそうな、2歳ぐらいの女の子

これがライブハウスなら、拍手なのに残念
ここはまじめな講演会。

必然的にお母さんに叱られる。

ケド楽しい音にはかなわない。
カタッ、カタッ、カタッ

周りに対して申し訳ない気持から
辛そうな顔したお母さん。

そこへ、そっと園長先生。
音の源へと、ティッシュを折りたたみ挟んだ

10_2014071910295974b.jpg わずか3秒。 一言も発さず。

身体をゆらしても、音がならないのを知った子供は
自ら椅子に深く座り、静かになった

相手の心の中にある
スィッチを「ポン」っと、簡単に入れられた園長先生。

そんな、魔法使いのような先生達は、
さらにその上を目指され

“三つ子の魂百まで”
「未来の大人達へ」何が出来るかと、探求し続けていらっしゃる。

この日、行われていた講演は
北海道からをお招きした講師の武岡 弘子先生による

“「ママが元気になる子育て」
〜この子の将来が幸せであるために今できること〜”

内容については、
ある紙面の記事にさせて頂くので、また改めて。

講演会が終わるころ
お母さん達の心を解放した武岡先生。
今度は、お母さんが、子供の心を解放する番。

そして、時間とともに、その「心」を忘れかけた頃
今度は武岡先生の「心」を受け継いだ
幼稚園の先生達が、お母さんを解放する。

そして、お母さんが子供を…。

そのうちに、実践したことが実証されると、達成感から揺るぎないものとなり
今度は、お母さんから、お母さんへと…。

風邪のような病気なら処方された即効性ある薬で一回で効くだろうけど
効き目を持続させる為には、環境が大切。

美辞麗句でなく
科学的で実証的な根拠のある魔法をもった先生達のいる幼稚園は
お母さん達にとっても安全地帯なのかもしれないな



「どうしたいですか?」
「何がしたいですか?」
「何をしている時が心地いいですか?」

そこからはじまるスィッチ。

「これをしてください」と、
無理強いするよりも、お互い優しい気持ちになれる。

そんな、こんな
講演会のメモと、生きるレシピが、頭の中でつながってゆく。

あっちと、こっちがくっつき、こっちと、そっちが一緒で
わぁぁぁっーーーーーーボンっ!
それ、引き出しに入れたのになぁ・・・。
少ない脳ミソを、ひっかきまわしながら処理能力、ゼロ。


先生、頭が良くなる魔法を私にかけてください。


おまけ
武岡先生が
最後に皆さんに読まれた絵本「6才のきみへ」の中から抜粋。

--------------
(省略)
命をつなぐために、いっしょうけんめいに育てできたのです。きみはたからです。
地位や名誉よりも、宝石よりも、きみがたからものです。
ほかにかけがえがない、あなたがたからものです。
育てる時間のなかには、子どもをかわいいと思えない時期があるかもしれません。
でも、親も子も、たからもの、そのことを、ずっとずっと覚えていてください。
(省略)
お父さんやお母さんと、喜びを分かち合う機会を多く与えられながら育つことで、
やがて子どもは相手と悲しみも分かち合える感情や情緒を、発達させてくるのです。
喜びを分かち合う経験の後にしか、悲しみを分かち合う心は絶対に発達してこないのです。
悲しみを分かち合う心は、取りも直さず思いやりの心です。
--------------

絵本の言葉を、やわらかい空気でそっと包みながら
一人一人の心へ届けられる。

浸透してゆく 「心」。

涙が出そうになりながら、
仕事中なので、こらえて顔をあげたら
号泣のT先生

こんな、ステキな幼稚園があるんだって、
みんなに知って欲しいです。


K i i T

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2014年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。