*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2月が逃げる〜
待って、待ってぇ〜

昨年の夏からたくさんのところへ行かせて頂いた。
神戸、大阪、三重、天草、京都、和歌山、鹿児島、宮崎、新潟。

それぞれ、違うクライアントさんからのご依頼だから
撮影内容も、料理だったり、風景、会社案内、人物、商品、
その他、取材などなど
なんでも、コイ

目の前のことを、
ただただ、全力で一つずつ終えてゆく。

それを知ってか、知らずか
来月の東京ロケのことを、
少しずつ情報をくださるデザイナーTさん。

それから
フリーペーパー「ピース」に、
手がつけられない状況を察して
校閲をスタンばってくださっているGさん。

終わらない一日の中で
頂いた優しさが、活力へと変換。

それにしても
効率が、よくなっているはずなのに、
右往左往をしては時間を失う。

ちょこっと
落ち着こう。

振り返ると
写真を通して、いろんな地域の人たちに出会い
多くのことを気づかせてもらった。

「人」と「地球」との
つながりについて。

たくさんの視点やフィルターの中で
そのどれもが、正解なのかもしれない。

答えへと導かれるだけの根拠があり
人生があり、たどりついたのだから。

多くの答えの中で
勝ち負けでも、批判でもなく
叡智をもって、
優しさや、強さへと変換できるといいな。

大切なモノ、守れるモノ、守れないモノ
捨てるモノ、次につれてゆくモノ。

限られた時間の中で
どれだけあるのかな。

あと、どれだけ
残せるのかな。

6_20150224131623ca6.jpg
(ボツの写真からアップ)

先週の新潟ロケのこと
12月の時よりも、雪の壁は高くて、
道があるからと辿って行くと、
唐突に雪の壁で行き止まる。

理由は
その先に、住んでいる人がいないから。

家の玄関先までの
除雪がなければ、生きれない場所。

夏や、秋に見た光景が
幻だったんじゃないかと思うほど
2メートルを超える雪で、
すっぽりと埋めつくされ消えていた。

街が停止するような豪雪でも
「淡々としなやかに生きる。」その姿が
美しく心象に残っている。

動じることなく、
途方もない雪下ろし。

紅葉で
観光客があふれた時も

雨の日、晴れの日、
恵みだけでない、脅威な自然が通り過ぎた後も。

地球の流れの中で
淡々としなやかに生きていた。

地球の中で生きる
本来あるべき人としての姿を
初めて見たような気がした。

春になれば
閉ざされた道は開き、新たな生命が生まれる。

「淡々としなやか」に生きる。

新しい明日に出逢いながら
生きていることを確認する。

まずは、目の前のお仕事、お仕事
逃げないで、2月さん〜


K i i T

スポンサーサイト

日曜日に撮影をしたのは
O先生達の「おんがく発表会」

明石海峡大橋が見える
シーサイドホテル舞子ビラ神戸の
『音楽ホール』で開催。

スタインウェイグランドピアノで
演奏をした子ども達

少し大きくて、
いつもと違う音したのかな…。

心象深い1日を
一足先に、写真で記憶に残す。

パシャパシャ

今年は生徒さんに
お母さん、おばあちゃん世代も加わり
会場に人が溢れていた。

舞台の上では、
奏でる音に耳を澄まし
その世界観に体を揺らしながら
リズムをとり演奏する子ども。

普通にカメラを向けると
うつむいてしまう子が
舞台の上では、堂々と挨拶をして演奏をはじめる。

上手、下手は関係なく
誰もが心は自由に
丁寧に音を紡いでゆく。

楽譜を覚えることが先ではなく
「音」を楽しむ事から始まる「音楽」をつくる
そんな、先生たちの指導が生きているように思えた。

あったかくて優しい空気の中
透明な音に包まれた会場。

涙が出そうになった。

DSC_3988.jpg

リハーサル風景から
シャッターを切りはじめ一人30秒。
ステージ上で、後ろから横から、上から、逆光
一人一人に合わせて撮る

レンズの中は
スローモーション

って、
その夜、足が硬直

写真の神さま
せめて筋肉痛だけに
とどめてくださいな


K i i T

ご紹介が遅くなってしまったけど
3月号の撮影のあがりをご紹介

 ランドネ 2015年3月号

『ランドネ』2015年3月号
エイ出版社 
700円

『気になる山ショップ探訪』 というでコーナーで
P136~137 【スカイハイマウンテンワークス】さんの
写真を担当させていただいてます。

東京からこられる
編集Hさんと、芦屋川駅近くで待ち合わせ。

メールとお電話のやりとりは
あったものの、お会いするのは初めて

登場した姿は、対照的な
「爽やかな笑顔」と「ヒゲ」
髪の毛が、濡れている?

朝に大阪入りをされ
取材先の店主とトレイルラン(トレイルランニング)で
ひとっぱしり後、シャワーを浴びてこられたとの事

取材先のお店から1分ほどの場所にある
食堂「三栄」さんで
がっつりと「ゆで豚定食」をいただきながら打ち合わせ

Hさん、
ごちそうさまでした。

朝の様子を
スマートフォンの写真で
見せてくださった。

一枚ずつめくると、そこには
山野を走っている姿
道幅の狭い登山道

ステゴザウルスの背中(のような道)
だって軽快に走っている

最後には
スパイダーマン?
崖にへばりついていた!

普通の人間がよじ登れる
許容範囲を超えた傾斜

上級山屋さんになると
気分転換の度合いが…。

エクストリーム出社ならぬ
朝、クライミングなんて…。

しかも、初めてお会いした店主と
初めて登られたコースだというから
さすがっ、恐れ入りました

取材中は、
じっくりと、こだわりを
聞きだされるHさん。

本題以外にも
思想や山の中で見つけた人生の生き方などなど
たてまえでない言葉を拾い上げ
多くの視点で、さらに深く掘り下げ取材をされる。

かと思えば、
撮影中、ふとHさんを見ると、
靴下を脱いで、取れかかった
足の爪を剥がそうか、剥がすまいか?
店主と真剣な面持ちでお話しをされていた。

その光景が可笑しくて
笑いが止まらなくなってしまった。

過酷な編集業務の中で
楽しんで仕事を消化されている姿は
レンズ越しに、ほのぼのとしていた。

店主がおっしゃっていた言葉から
一つだけ、ピックアップ。

命の危険がある場所へ登られるとき
自分の極限と計りながら、
許容範囲の少し上をチャレンジし、
達成すれば自信となり、そんな小さな積み上げが、
目指すゴールへと導くことになる。

決して、無謀な登山や、
命の無茶はしない。

怪我をしたり、死んだりするのは
限界を知らず、積み上げも準備もない素人が
圧倒的に多いのだとか。

そんな、厳しい苦言は
「山登り」と「MYショップ」の形が
「販売人」と「お客」という枠組みを超えて
サポートされているから
出る言葉なのかもしれない

自然と接する前に
備えが出来ているか、今一度ご確認を!
自分なりの答えを調べてから、
こだわり店主に、相談をすると
とっておきのリコメンドアイテムを
親切に教えてくれるかも。

ゆっくりと、山のスキルを積み上げながら
その時々に必要なアイテムを揃えるなんていかが?

その前に「冬の幸せ、山ごはん」特集の
『ランドネ 3月号』は必見、是非ご一読ください


KiiT




昨日の撮影は、大学にて
オーディション風景の写真

そこで
またもや、偶然にも二度目の再会

ムービーチームの
デレクションをされていたKさん

20代前半の頃
27歳でステージ進行を
されていらっしゃったKさん。

今思えば、27歳なのに
ものすごく大人に見えた

私も27歳には
しっかりとしているだろうかと、
思っていたけれど、その歳を通過しても
ちっとも変わらない精神年齢

昨日も変わらずワイルド炸裂のKさん
仕切るのが上手かった

撮影の合間に
次の撮影場所のことを
声がけ、してくださったり

数年ぶりにお会いしても
「おおっ」っと、
昨日、お会いしたかのような挨拶

あの頃の未熟な自分を振り返り
少し恥ずかしいような、
なつかしいような

5_20150211170156059.jpg

昼食は校内にある「すき家」で中盛
しっかりエネルギー補給

納品完了〜
ようやくピースづくりへ


精神年齢や天然、
方向音痴は変わらないけど
せめて、時間、時間、時間。
もっとスマートになれないものかな


K i i T

KiiTSHOP、1月の発送をすべて終了。

2月に行く前に
間違いがなかったか、今一度確認

毎月20名さまへプレゼントしている
キーホルダーはイエローにしてみました

1_20150211161634ae2.jpg 1月のキーホルダー


ブルーの部分が
切り抜いた上半身の写真がくるところ。

星のように
輝いている子供達だから
エッジは黄色

仕上がると、内側まで
ちょこっと光らせ過ぎてた

毎回、喜んでくださる顔を想像しながら
せっせっと袋詰め

近頃のキーホルダー写真詰めは
私よりも綺麗につくってくれる
Cちゃんが担当

いつもありがとう。

連携して、二重チェックができる手順で
流れ作業

注文用紙、備考欄を見ると
お客様からのメッセージが
フムフム…。

「キーホルダーはいりません。」
あらら

そんなこともあるさぁ〜

ということで
2月の販売にとりかかる。

KiiTSHOPは、
一ヶ月に一度、まとめて発送をしている。

お客様のご協力のもと
時間短縮をさせて頂けることで、できるサービス。

眠気がじゃまして
できないことも多いけど
注文数が増えても、減っても、
個人だからできるサービスを
有難迷惑にならないよう心がけながら、追及してゆきたいな…。





K i i T

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2015年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。