*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、ポストに届いた撮影のあがり
『Cafe&Restaurant 3月号』

と、その前に
ゆっくりと、ブログを書こうと思いながら
できていなかった2月号のご紹介から



旭屋出版 『Cafe&Restaurant 2月号』
2015年1月19日 発行
1,200円+税

『カフェ開業「お悩み」』という特集の中で
P007~P009 京都市今出川にある『珈琲 逃現郷』さんの写真を担当させていただいてます

紙面では
「人気カフェオーナーに聞きました
カフェを開くとき、何に悩み、それをどう解決しましたか?」と、
さまざまな面で直面した問題・課題とその解決策を事例をもとに紹介されています

ボツの写真から、
猫ちゃんをご紹介

撮影中、2階のスタッフルーム​​​から
お​りてきてくれた三代目看板猫カブくん

tougenkyo_016.jpg

出会いは3年前、店主が運転していたバイクの前に飛び出し、
大怪我をしたのが野良だったカブくん。​​​

バイク(カブ)​にひかれたので、カブ​くんと名前をつけてもらい
20万かけて治療し、そこから一生のご飯と寝床を確保したそう

17年生きた1代目の看板ネコちゃんのように​、
お客さんの膝に座ったりせず
姿を見せるのは、​1日に4回ほど、
でっかい金魚鉢のお水を飲みにくるときぐらいなのだとか。

tougenkyo_008.jpg

撮影中、スタッフさんが「おりてきましたよ〜」と、
そーっと声をかけてくださり、
運良くフォトセッション実現☆

tougenkyo_011.jpg 

こちらを伺いながら、
今にも逃げてしまいそう

tougenkyo13.jpg

外の看板が写り込んだ水面、
カブくんと距離感を保ちながら
そぉ〜っと、レンズを向ける

tougenkyo_015.jpg

店内にいらっしゃった
お客さんもスマホ片手にパシャ、パシャ

tougenkyo_010.jpg

警戒心はどこへやら

tougenkyo_017.jpg

金魚さんと仲良し

tougenkyo_012.jpg


『珈琲 逃現郷』さんでは、
以下の7ポイント、事例をもとに、解決策が紹介されてます。

1、調度品の集め方
2、DIYでの店作り
3、求人
4、スタッフ育成
5、付加価値の提案
6、ルール設定
7、メニュー構成

2016年1月19日 発行
『Cafe&Restaurant 2月号』を是非ご一読ください。



2016年1月19日 発行
1,200円+税
旭屋出版『Cafe&Restaurant 2月号』


K i i T  


スポンサーサイト

ちょうど1ヶ月前のお仕事。
1月17日、大雪が降る前の新潟ロケ

ボツの中からブログにアップ。
ここに来るのは、約1年ぶり

1A_201602190556047c9.jpg 

新雪をまとった姿は、似ていたけど、
昨年出会った「春」とも「冬」ともちがった

2A_20160219055605a5e.jpg

足跡をのこして、いったのは、
うさぎさん、それとも鹿さん?

3A.jpg

願わなくても、
キラキラ光る真っ白い世界は、
眩しく迎えてくれる

4A_201602190556075d8.jpg

同じに見えた景色に
ほんの少し、歩みよってみたら
一つ、一つ、異なる形、異なる輝きをした
雪の結晶だった


-----------------------

豪雪地帯では、もうとっくに人を寄せ付けない
雪の壁をつくっていても、おかしくなかった。

なのに、写真を撮るのを待っていてくれたように
風もなく、雪も降らず
青空はなかったものの天候に恵まれた。

と、翌日。
いきなり大雪のニュース。
もし、1日撮影日がずれていたら
大阪へ帰れないところだった

写真の神さまと
武蔵もいたのかもしれないな


K i i T

制作の件で
二件目の打ち合わせへと。

A4三つ折りのリーフレット。
Mさんに表紙案3つ×色違いを提案

DSC_5443.jpg

ちょうど来られた
Yさんたちも見てくださった。

A4に3面、貼り付けた表紙案を手に取り
折りたたんでいた1面目をみて

「表紙、なるほど…。」

2面目を平げて
「表紙、……。」

そして、そして!
裏面をみて「表紙 …?」

再度、折りたたみ直し、
同じ工程

「表紙、表紙、表紙」
「……。」

「なるほど」……と、
Yさんたち、納得。

って、納得するところじゃない、ない、ない。
全部を表紙にすると思ったYさん達?

それに気づいたMさんと
KiiTもみんなで爆笑

そんなことを思い浮かべながら
あったかい気持ちで
つくらせていただいたリーフレット

昨日の2回目の打ち合わせを終え、
まもなく完成する。

仕上がりは、また
あらためて、ご紹介

そして、3件目の
打ち合わせ&ロケハンへと

DSC_5473.jpg 神戸市営地下鉄、山手線、県庁前駅近く

と、そのまえに
フリーペーパー『ピース7号』用にお勉強

DSC_5472.jpg 神戸市埋蔵文化財センター

DSC_5446.jpg 縄文人のくらし

約一万3000年前から約2300年前までの
1万年間を縄文時代と呼び、
竪穴住居(たてあなじゅうきょ)に住んでいたそう。

今から約2300年ほど前に始まったとされる弥生時代、
米作りが大陸から伝わり稲作が始まった。

食の変化によって、
土器の形や使い方にも影響している。

DSC_5451.jpg 土器のいろいろ

弥生時代の中期の後半以降、
米作りに適した平地に住んでいた人々は、
倭国大乱(わこくたいらん)に伴い争いをさけ山上や
丘陵(きょうりょう)に移り住んだと考えられている。

そろそろ
次の場所へ行く時間

今も、昔も
どの時代を過ごしても、
争いが絶えない……。


K i i T 

打ち合わせは、
ぎゅっと、詰め込み、

1件目、10時30分に大阪市内のB会社さんで
住宅展示場の撮影のことや、今後の展開について
M営業さんと打ち合わせ

途中から、社長さんや
アートディレクターKさんもテーブルにつき、
気づいたら1時間以上いたような……。

2件目は、2時半から
リーフレット制作の打ち合わせで神戸へ。

次へゆくまえに
とりあえず、頭の中を一旦リセット。


北浜駅に行く途中難波橋を渡る。DSC_5404.jpg

4_20160212110955654.jpg


江戸時代、天神橋、天満橋とともに難波三大橋とよばれ、
200メートルを超える木橋が堺筋の西側の筋に架けられ。
長大橋だったそうな。


KiiT




人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。