*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日の日曜日は、
またまた、関西にある大学で撮影

「あ〜、太陽が落ちていく。。。」

OBの政財界、ベンチャー企業の社長たちや
学生が参加するサミット。

最先端の情報を共有でき、学ぶことができるだけでなく、
学生しながら、将来に向けて大物と呼ばれる人たちと
名刺交換、直接話をでき、フェイスブックでもつながることができる。

それが、また大きな一つの力となって
新たな改革へと動きだす。

写真を撮りながら、その強いエネルギーに、
「スイミー」という絵本を思い出した。

たしか、仲間の小さな魚が、皆んなまぐろに食べられてしまい、
生き残ったスイミーひとりが、孤独の中で海をさまよい泳ぎつづけたとき、
目の前にある美しい海や、初めて見るもの、生き物、出会い、
素晴らしい宝物があることに気づき、心もつよくなってゆく。
ある日、岩陰でおびえていた、兄弟の魚たちに出会い、
みんなで一緒にはなれず泳ぐことで、一匹の大きな魚に見えるように練習をする。
赤色した仲間たちと違ったスイミーは、黒色の体をいかして、目となり、
大きな魚を追い出し、自分たちの世界を手にいれたというお話。

と、子どものころ読んだ物語りを思い出しながら、
イベントも終盤に近づく。

最後のカットは
またまた数百人いる集合写真、
脚立で二階へあがって、撮影。

大学の担当者に目を向けると
手をハの字にされる。
「トリミングの方向確認」

広告代理店のNさんを見ると
手で、大きく四角にきる。
「大きく撮影」の合図

そして、その時を待つ、
窓に目をやると、思ったよりも日が沈んでゆき露出が一段半おちた。

ついていない天上のライトに目をやりながら
自然光をつかわずストロボを強くする。

先輩カメラマンに目を向けると、
大学の方に、天井を指差しライトをつける指示をしてくださっていた。
さすがっ、恐れ入ります。

DSC_3948.jpg  ついた

ストロボを少し弱め、感度をあげ
地明かりを生かして、奥まで明るくパシャっと 

そんな、こんな
ほんの、少しのことが、誰も気づかないかもしれないけれど
仕上がりに響く写真。

おかげさまで、
撮影を終えることができた。

翌日に1000枚ほど納品、完了〜
ありがとうございました。


K i i T

スポンサーサイト

KiiTSHOP写真販売部
新しい写真をアップ

あっというまに時間がすぎて、
人も心も移り変わるから、忘れないように
ときどき、光をたどるようにしている。

神戸にある幼稚園さんで、
WEBなど広報活動に使われる写真を担当させていただき、今年で6年目となる。

2014年1月から、
写真を欲しい方に販売できるシステム(フォトラボ)を導入させていただき、
始めた頃は、なれないネット販売に右往左往することもあるなか、
フォトラボさんのご協力のもと、
「入金のお礼メール」と「出荷メール」をボタン一つでできるよう改善。
その後も、オプション項目を増やしていただいたりと、
おかげさまで、大幅な時間短縮をできるようになった。

プリントを外部で出されるなら、
(KiiTSHOPでは、自分で選んだ業者さん2社でプリント)
フォトラボさんのオプションプランは、オススメ
フォトラボさん
https://www.photo-labo.jp


商品の発送は、ご入金確認後、1ヶ月に1度だけの出荷、
ご注文保留は来年の3月(年度末)まで、
スピード勝負な時代に、ゆる〜く販売させていただき、
もんくの一つでも覚悟していたけれど、逆に
備考欄に、お礼のメッセージや、
園で過ごす何気ない様子や素顔に安心してくださったり
喜びのメッセージをいただくことが多い。

撮影中は、そんなメッセージが活力となり
300人を超える子どもたちを
4時間ほどで全部撮りきる。

なかには1枚しかなかったり
すべてが良い写真とはいかないけれど

せめてものお礼にと、メールマガジン配信している方々へ
プレゼント企画をしている。

AAA_3392_20161008155824b39.jpg AAA_4048.jpg プレゼントのオリジナルキーホルダー

今月は、オリジナルテンプレートに配置した
先生との集合写真(ハガキサイズ)を、50名様にプレゼントしている。

100_201610060044160b1.jpg

そのまま壁にピッ!っと、画鋲やクリップで飾れるように
一枚ずつ、クリアケースに入れている

家の中に写真があると、
にっこり笑いが増えたらいいな、なんて

集合写真を写すときは、
真ん中、右から、左から、角度をかえて撮り、
はしにいる子も目立つように工夫

1000_20161006181240a7a.jpg
 
Y先生が「新しくはいってきた子なんです。」と、抱っこされた。
カメラも先生の気持ちを受け止めてグッとよってパシャっと

気づいたら、オリジナルキーホルダーよりも、
子どもたちと先生が笑っている集合写真が人気となった

集合写真は、実は苦手で
克服できたのは、T先生がいたから

一人でうつす場合なら、低学年はおもちゃ技、高学年はことば技で表情を引き出すけれど
人数が多いと、そのどれも当てはまらず苦戦していたことがある。

そんな時、絵本を読み聞かせるのが得意なT先生に、
集合写真の時、かわりに声をかけていただくと
掛け声とリズムで、みんな笑った。

今ではそのリズムと掛け声がお手本となり
T先生技には、敵わないけれどフレームの中に笑顔が増えた

T先生といえば、子どもの見えないリズムを掴むのが誰よりも早く、
思い出す光景がある。

絵本を読み聞かせていた時のこと、
子どもたち、一人一人の顔をみながら、
声の強弱、手振り、身振りをつけ、感情をいれて読む。
話がついてきていない子をみつけたら
「◯◯くん、もし……だったら、どうする?」と、
主人公を、自分に置き換えてお話をされる。

すると、まわりの子たちまで
絵本にくぎづけで、目の色がどんどん澄んで、泣き出す子もいた。

撮影中は、感情移入しないよう
心がけているKiiTも、涙が落ちそうになった。
大人までも泣かせる読み聞かせ技には本当に参りました

その絵本の名前は
『おかあちゃんがつくったる』
著者長谷川義史さんの創作絵本



集合写真を撮る時、もう一つ
このクラスだけ!というY先生のローカル技もあって、
それはお寿司大好きな先生ならではの、お寿司ネタが掛け声だったりする。

おかげさまで、9月23日の写真も撮りおえ
2000枚ほどアップすることができた。

夏休みをあけて
残念ながらT先生の姿はなく、
7月に退職され保育園で働いていると、園長先生が教えてくださった。

全力のT先生のことだから
きっと、たくさんの笑顔に囲まれているだろうな

T先生のますますのご発展とご活躍を
心からお祈りいたします。
本当にありがとうございました。

移り変わる景色の中で、
キラキラとした光景をいつまでも忘れないようにって、
人も、心も、過ぎてきた時間も、忘れないようにって、パシャっと

K i i T

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。