*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日発売された撮影のあがりをご紹介


4a.jpg  【女性自身 1月22日号】

光文社 『女性自身 1月22日号』
2013年1月7日 発行
390円


P181〜P185 カラー5ページ
『小豆島』の写真を担当させていただいてます。


・オリーブオイル・ヌーヴォーを旅する。
・小豆島オリーブ遊び最・前・線!
・江戸から続く「醬の郷」探訪
・小豆島を持ち帰り!お取り寄せ!
(タイトル抜粋)

などなど、魅力満載ページ。



撮影の様子はコチラ!  01_012.jpg


オリーブって、進んでは食べなかったけど
おいしいんだね〜。知らなかった。


小豆島に初めて上陸したけれど、
想像以上にステキで

土地から滲み出る空気と、島で暮らす人々。
お互いが支え合って、発信する産業。

みなぎる活気!

もしかすると
今、最もアツイ(ハートが)日本かもしれない?


撮影していて、肌で感じた印象は
「明瞭」はっきりと違いが!食も人も光景も独特で! 08_089.jpg 


ボツの写真から少しだけ、ご紹介


誌面に登場する
生そうめん(なかぶ庵)の食感は、つるつるとしていて
口にすると「はっ!」と、普段食すものとあきらかに違う事を気付く。
09_013.jpg 09_029.jpg

全国のファンを魅了し続けるヤマロク醤油。

08_005.jpg  尖っていてハッキリとした、クセのある味。


08_074.jpg 案内人、醤油ソムリエ、黒島慶子さんの後をついてくと 


名物おじさんが、砂で文字をつくって待っててくださってたり。


08_065.jpg 季節の花で観光客を迎える「一休みスペース?」が、あったり。

名物おじさんと、黒島さん、島のおじさん。 08_072.jpg 「はい、チーズ 


島のお話をしてくださったり。
「みかん、どうぞ!」「オリーブ茶、どうぞ!」って、頂き物まで。
ニコニコ笑顔、陽気な皆さん、ありがとうございました。

02_006.jpg そして、名刹

02_018.jpg 少し恐ろしさも感じる聖地?

02_025.jpg 眺める景色が神秘的で!


突き当たり、海に浮かぶ島(奥の方)
何に見えます?


答は「寝観音!」
こりゃぁ〜
まぎれもなくパワースポットでしょ?
魅力溢れる島は神様からも見守られているようで


他にも、潮が引くと現れるエンジェルロード  11_001a.jpg 


真ん中で、大切な人と一緒に手を繋いで約束を〜・・・


11_005.jpg その時は、
11_006.jpg ハートのカタチをしたオリーブの葉も持って
11_003.jpg シアワセを運んでくれるかも


ハート形の葉っぱ、コレが意外とたくさんあるんです。
島の人は、すぐに見つけられます。


実は、塀や垣根の側など、植物がストレスを感じる場所で、出来やすいのだとか!


ってことは、
これってストレスのかたまり?
「ひぇ〜」
そこは、夢を〜


神秘的な雰囲気をもった島


きっと、小豆島へ行かれたら
いろんな人の心へ受信。
わかりやすく何かをキャッチするはず。


と、その前に 『女性自身 1月22日号』2013年1月7日発行
是非、ご一読ください。





余談
誌面の写真ぜ〜んぶ、二泊三日のロケにて撮影。
日中撮影後、ホテルに戻っては、商品撮影。
遅くまで、立ち会ってくださった編集のMさん。
疲れてる中、商品整理や片付けまで、サポートしてくださり
おかげさまで、最後までハイテンション。
写真に専念することが出来ました。
誌面を見て、「ほっ」と、
ありがとうございました。

K i i T






人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。