*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日開催された、【「スケッチ・オブ・ミャーク」キャラバン上映会in高槻】
行ってきました

s.jpg お誘いくださった編集のIさんの進行役のもと、上映。

日本には「古謡」や「神歌」が、
人から人へ伝授され、今も存在する。

過去、現在、未来へと
時代の変化と共に、
失われてゆく「神歌」があるという事実は、やむを得ないけれど

この映画の中で、
これからも、ずーっと、生き続ける。

ヒトとして神様と自然と共生し「生きる」という事。
そんなメッセージがたくさん込められた、ドキュメンタリー映画。


ss.jpg



生まれて初めて耳にした「神歌」。
そんなモノがある事すら知らなかった。

けれど、前にも聞いたことがあるような気がする。

「風」や「谷川のせせらぎ」「波の音」「鳥や獣たちの叫び」「暗黒の静寂」「光の呼吸」
そんな自然の声と「神歌」が似ているように思ったからだろうか・・・。

同じように、人の心を癒す力があるように思えた。

映画を見終わって
主観的な感想ですが

そのヒト達にとって「神歌」は
神様から頂いた宝物じゃないかと思った。

自然の声と同じ波長が、リズムにのり
人の心へ、届けやすい「唄」というカタチとなり
必然として生まれ

そのヒト達は、十二縁起では結びきれない悲しみを、ヒトによって背負わされ。
生きるためには、和らげることが必要で、
魂からの叫びが、ヒトの声となり、神歌という祈りのような唄で
自らを癒し、身近な、つながっている人達に「力」を分け与えてきたんじゃないかと思った。


「スケッチ・オブ・ミャーク」大西監督の映像は
ドキュメンタリーであるけれど、美しい。


「監督トークショーと交流会」では、各テーブルに回り挨拶してゆく監督。
何か質問したほうがいいかな?ぐらいに思っていたけれど
気付いたら、引き留める勢いでたくさんの事をお伺いしていた。

「写真集をめくるように作った」と、
一年間、取材し、さらに一年を編集に費やし
2011年にようやく映画完成させた大西監督。

島で出会った人達は皆、人格者で、
映像では語れないほどの、苦しみを背負って生きてきたにも係わらず
前向きで、素晴しい方ばかりだとおっしゃってた。

眼鏡ごしに遠くを見た大西監督の目が
質実剛健な皆さんを思い出しているようで、心象的だった。

幾年も費やし、
仕事という職業を越えて、島の人達と絆をつくり撮影され、
それを二時間弱の映像で伝えきる。

貴重な素材を生かすも殺すも監督次第。
その重みは想像しきれないけれど

すうーっと、「神歌」が浸透する映像は
まさに、写真集をめくるようだった。

そして、学者達を魅了する程の、神秘的な領域の事柄を
わかりやすい形で「ヒト」へ届けた映像は
峻烈な批判をされることもあるそうで、
それだけ、大きな影響力のもつ映画だと伺える。

「島の人達の事を思うほど、説明したくなるけれども
現代の人達へ共鳴するためには、捨てなきゃいけない部分もあり
観客の視点によって、千差満別の感じ方が出来るような映像を」と、おっしゃってました。


映画を見終わって、まだフワフワと、している。
そんな中での主観的感想も踏まえてのご案内なので、
語弊もあるかと思いますがあしからず。


誰かの心に「何か」を残し、「何か」が始まるかもしれない。
そんな期待にも似た「何か」が、
多くの「ヒト」に届くような映画だと思う。


この映画と出会わせてくださったIさんに
心より感謝いたします。


今回の上映に至ったのは、
Iさんと、北海道のカメラマンさんとのご縁からはじまったそうで
その方を介して「スケッチ・オブ・ミャーク」大西監督と出会い
昨日の【「スケッチ・オブ・ミャーク」キャラバン上映会in高槻】に至ったそうです。

この後も、引き続き、西日本の各地で上映会をされる予定。
大西監督とお酒を飲みながらの交流会もお見逃し無く。

そして、なんと!
早くも、8月30日、DVDリリース。

詳しくはこちら
スケッチ・オブ・ミャーク公式サイトにて。


おまけ話
「祈りにも近い「神歌」けれども、神様は決して、願いをきいてくれるわけではない」
「どちらかと言うと、何度も何度もうらぎられて、それでも敬うんだよね。」って、大西監督がおっしゃってた。


自然や神様に感謝し、神秘的な存在を
身近に感じ、当たり前に受け入れ、生きている人達が多くいるんだと知った。

大西監督、素晴しい映画を
ありがとうございました。

大西監督の次回作も楽しみです。
別の場所からの新たなドキュメンタリー映画をつくりたいと、
少しだけ構想を話してくださいました。
こちらは、内緒。


K i i T



人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。