*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ねこ武蔵が届けてくれた「1ピース」

-----------
「伝授、伝承。生き続ける心」と「命がはなつ温かい光」

「精神的な心」と「物質的なぬくもり」

「魂」と「魄」

そこをつなぐ何かって、あったかな・・・。

(以前のブログはこちら)
-------------

と言うことで

「心」と「身体」が
「プラス」に、つながることを書いたけれど。
「逆は?」ふとした疑問が。

書き出すと
コレが出てくる出てくる「うわぁー」っとおしよせてきた。

1_20130920053656ceb.jpg A4一枚、ぎっしり、まだ足りない。

「マイナス」という部分から
いろんな線がつながりだした。


そんな事を考えてると、急に文字が読みたくなり
すくない本棚の中から、1冊選んだ。

2_20130920053655d49.jpg 著者 永六輔さん 「職人」

6年ほど前に購入し、1度読んだっきりの本。


3P 職人衆語録から抜粋
“職人というのは職業じゃなくて、「生き方」だと思っている。
その生き方、考え方を言葉からさぐってみることにする。

「おまえはカモネギなんていうもんじゃないんだ。
カモがネギしょって、鍋もって、一升下げて、御祝儀つきで来たような奴なんだ。
どうしてそんなに人がいいんだ!」

人がいい若者を職人が怒っているーそれだけの事です。
でも、怒り方が職人っぽくていいでしょう。”
(以上抜粋)


まっすぐな職人達が、移り変わる時代に逆らえず、消えてゆく中。
永六輔さんが職人達の言葉を代弁し、遊び心たっぷりに世間を渡る。
後世に残しておきたい大切な事など
窮屈になるテーマを、爽快感で、しめくくっている。


自分にとってなじみのない業界でも
永六輔さんが話すことによってリアルで身近に感じてしまう。
日本人ならオススメの一冊。


つながり食堂のテーマ「伝授」にも重なって
最後まで玩読してしまった。
「1ピース」おいおいブログで


職人と言えば、来月の「つながり食堂」京都ロケ、Sさん。
生粋の職人だったなぁ。。。


と、考えてたらSさんから
撮影の詳細メールがきた。
「思考が宇宙を越えて浸透する。(以前のブログ、光雲流水)
人間って不思議な生きモノ。


「あっ」A4のメモ書き
打合せの内容も書いてたんだった。やばい。


追伸
ねこ武蔵
自力でお水も飲めないのに、がんばってくれている。
今日も生きてくれてありがとう。


K i i T

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。