*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

むちゃの1ピース。

過去の記憶をさかのぼり
つづく答探し。

世の中は相変わらず
暗雲立ちこめるけど
それは、それ、一個人。

流れるままに
偶然か、必然か、単なるアホか
出会えた感覚からの答を
論理的に落とし込んでみる。

今ある「心」では
感情に浸るしかできないから

遠く離れた
別の視点で!

って、宇宙へ〜。

a_20131207131108bf5.jpg 宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議

宇宙生物学と医学を結び付け
生命の本質を解き明かしてゆく、という内容。

ビジネスやデジタルの世界、世の中の事とも似通っていて
漠然とした感覚をカタチへと結び付けてくれるようだった。
-----------
DNAの一部分を抜粋しまとめると。

DNA(デオキシリボ核酸)とは
糖の一種(デオキシリボース)、リン酸、塩基と呼ばれる物質が結合してできる
ヌクレオチド(構成単位をそう呼ぶらしい)が鎖状につながったもの。

中でも、遺伝情報を直接に担っているのが、塩基。

一個の塩基は4種類(チミン、アデニン、グアニン、シトシン)。
その一つと、一つ。
2つ、つながると4の2乗で16通りになる。

3つつながると4の3乗で64通り、
4つつながると4の4乗で256通り、膨大な遺伝情報をストックできる。ということらしい

その4種類の塩基を、どう正しくつないでいくか、
重要な役割をもつのがリン酸。
なければつながり合えない。
---------------
他にも、個人的に気になったところを上辺だけ抜粋。

現在、地球上に生息しているありとあらゆる生命体が
おおざっぱにいうと同じ仕組みで生きているということです。
つまり、極論すると、地球上で生きている生物はたった一種類
・・・・・・・・
生物学では、生命は大きく5つのグループに分類。
バクテリア(細菌)、アメーバや藻類などの原生生物、キノコやカビなどの菌類、植物、動物
・・・・・・・・
細胞が生きる仕組みについては、5種類ともすべて、驚くほど共通
・・・・・・・・
食べ物に共通していることがあります。
それは、すべてもともとは
何らかの生命体だったということです。
_______________
物質的な根源に辿り着く内容や
神秘的な真実に驚いた。

同じ仕組みをもった生命をいただきながら
生かされている身体。
「食」に対し感謝以外に
何かが心の奥で生まれ熱くなった。

どのページも、役立つ知識がもりだくさん。

なんといっても、難解な内容が、わかりやすい
それは著者が、初めから、最後まで
情報整理するように、目線を下げ
丁寧に、親切にかかれているから。

学者達の答や、現在の支持されている見解、ロマンも交えつつ、
専門知識がなくても、興味をそそられる内容。


 是非ご一読を。




K i i T


人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: