*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、届いた。
5_20131211161723b72.jpg 三ヶ日みかん。

大阪に住んでるから
必然的に和歌山の温州みかんは、馴染み深いけれど
浜松市、三ヶ日町、特産の温州みかんは初めて食べた。

6_20131211161724dd0.jpg 浜松市のクライアントSさんからの贈り物。

京都で撮影の時、立ち寄ったお寺の文字が、Sさんの名前と同じ。
(読み方は違ったけど)
少し元気がなさそうな気配だったので
お守りを贈った事があった。

後で考えたら
宗教とかによっては敬遠される人もいたのかな?
なんて冷や汗。

その時の
お礼にって、個人的に贈ってくださった。

こういうのを
「海老で鯛をつったぁ〜。。。。」?

失礼しました。

察するに、気遣いしないように、と
口実をつけ贈ってくださったのだと、
心から感謝してます。
ありがとうございます。

みかん、みかん、みかん・・・。

皮がうすくって
表面のつぶつぶが多くって
扁平
サイズは小粒
切り口の軸は細く
色が濃い

「わぁーーーー!」

今年の初め、和歌山の撮影の時、取材先で教えてもらった
おいしいみかん選びの6ポイントに、ぴったりあてはまる。

こりゃぁ
間違いなくおいしい。

おいしい物こそ
頭(情報から入る)でいただくではなく
心(感覚)で味わう。

7_20131211161725675.jpg ミカちゃんマーク忘れません。

皮ごと、焼きみかんにしたような
香ばしい、濃厚な甘さ。
すっきりとした後味が二個目を誘う。

和歌山の温州みかんは
強いて言うなら
もう少し酸味があるのかな・・・。

この冬、おいしいみかんに、ありつけるなんて。

みかん、みかん、みかん、みかん、みかん。
パソコンの前で、眺めてみた。

0_201312120157232ba.jpg みかんと、みかんを並べると2個。

22_2013121201562316a.jpg 中には、たくさんの房。

33_20131212015624cc4.jpg 右側が10個(房)、左側が12個、あわせて22個。

55_20131212015626fc2.jpg 中には、さらに粒になった果肉。

数えようかと思ったけど、完熟すぎて断念。

DNAみたいに、つなげるとしたら
無理矢理、ボンドでくっつけるとか?
それだと、無意味なつながりで終わる。

調理すれば、一つになる?
けれど、どの農家さんも、口を揃えて言う
「素材をそのまま頂くのが、一番おいしい食べ方だ!」って

調理は除外し
つながる方法って?

44_20131212015625551.jpg 食べてみよう。って、何個目だ。

「あれ?」
右のみかんと、左のみかん。同じ味?

「一つに、つながってた木にはもどらないし・・・」と
つなげようとしなくても
すでに、つながってた。

同じ木、木は違ったとしても
同じ土
同じ性質のみかん。

薄く言えば、
地面でつながり、地球でつながった生命。

すでに
もう、初めからつながっていたもの。

次の生命の為に、命が消えるみかん。
人間と一体化する。

年賀状の写真みかんにしよう!


K i i T

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。