*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今にもしっぽを振りそうな
わんこ。

66_201402022229006e6.jpg 木で作られた箸置き。

料理家さんSさんの小道具
お会いするのは初めて。

けれど
KiiTの写真はすでにお会いしていた。

野菜ソムリエ、プレミア会員さんでもあるSさん。
旬の季節に配られる会員誌の中で
「いちじく」「くり」「もも」号
関西エリアの写真を担当していたのだった。

写真が先に出会うなんて
失礼ながらも、親近感、うれしい。

今回はレシピの撮影
料理はまだ見せれないので、準備中をブログ用にパシャ

DSC_4835.jpg カメラを構えるSさん。

DSC_4802.jpg 個性的なコーヒーカップ

DSC_4797.jpg 出してくださったチョコレート

「チャーミング」そんな文字がぴったり似合う笑顔のSさん。
一見とはうってかわり、釣り好き。
それも大物大会、全国優勝などなど、ご夫婦で表彰楯を並べるほどの実力。
他にも、縁鹿小町の活動に携わる。

「縁鹿小町」では、害獣被害などの為に捕虜した鹿の有効利用を考え
鹿料理について考えていらっしゃる。

「命を土に埋めてしまうのは・・・。」と、
鹿肉の販売普及も力を入れていらっしゃる「縁鹿小町」だけれど
実際には解体する場所や衛生面を考えると、難しいのだとか。

もし、鹿肉の利用など考えていらっしゃる方がいらっしゃれば
是非、縁鹿小町へお問い合わを。

鹿は鉄分が多く食物として栄養素は十分。
鉄分の過剰摂取は菌の繁殖につながるけれど
馬肉同様、貴重な食材として利用できるお肉だから
必要な場所へ、必要な食材が流れる仕組みが出来ることを願う。

そんなこんな
アクティブな料理家のSさんと、ディレクターのリコさんの
おかげさまで、撮影を無事に終え、納品も終わり一件落着。

そういえば「わんこ」の他にも
ぬくもりと気配・・・。

ディレクターのリコさんが
持ってきてくださった
伯母さんがつくられた手作りのお皿。

手のあたたかさが残る
優しさのこもった器だった。

6_2014020222300430e.jpg 

今、しっぽ
振ったでしょ?

モノに、命が宿る。
あるのかもしれないなぁ。。。


K i i T 



人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。