*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月のKiiTSHOPの発送をすべて終わらせる勢いで
一日をはじめる。

と、その前に
撮影のあがりをご紹介!



ランドネ 2014年8月号
2014 No.54 『ランドネ』
エイ出版社 
700円


『気になる山ショップ探訪』 というでコーナー
P132~133 【Heimat berg (ハイマートベルク)】さんの写真を担当させていただいてます。


Writerは、にゃみにゃみさ〜ん

『六甲山を歩こう』

 『六甲山ショートハイキング77コース』
 『六甲山シーズンガイド春・夏』 

根岸 真理さん(にゃみにゃみさん) 著者 
(にゃみにゃみさんのブログはこちら)

山から下界へおり
仕事が終われば、山へ帰って行きそうな、にゃみにゃみさん

知識だけでなく
山つながり、山ネットワークもさすが。
取材先の店長さんと、辿ってゆけば、共通の知人も多数いらっしゃるようで、

地球で伝言ゲームをしたら
両手の人数をいらずにどこへでも届くってことを、ふと思い出した。

って、聞いてる場合じゃない。
お仕事、お仕事、撮影

店内のモニターには
店長さんが撮影された美しい写真のスライドショー

岩に挟まれた洞窟のような薄暗い川辺から
空を見上げると、幻想的な霧の中に、光が手をさしのべてる……。

そんな、高貴な光に包まれ
心にしまっておいた『夢』が浄化されるような……ツアー参加者の姿。

登れない山へ、
行ってみたくなるモニター前

次の写真は
胸のあたりまでくる深さの
川の中を泳いで向こう岸へ渡り、山へと入ってゆく姿……。

山男でもなく
きゃしゃな女性が、水につかった身体で逞しく山道を歩く。

ここは別世界

となりで、饒舌な店長さんの声。
ピンポイントで引き出してゆく、仕事人にゃみにゃみさん

店長さんは、板前を目指し日本料理にも携わったことがあるなど
ユニークな経歴をおもち。

人並はずれた
なめらかな販売トークはピカイチ

聞き入ってしまった。

商品が優れていることの知識はもちろん。
商品を使うイメージを、引き出したあと、
では、目指す山の一つ手前に予行練習できそうな山ツアーを企画しますのでゆきませんか
または企画済みのツアー参加のご案内。

それに参加するために、最低限必要な身形、準備は基本でしょ!
行くために買っておかねば…?
チープな服で登るって、危険もあり、それで山に入る方はお断りする事の意思表示。
一瞬で、最低限のラインまでお客様の意識を成長させる。

購入した商品は、お蔵入りでなく
何度も、何度も使いましょう。

長く愛用するものは
丈夫で、いいものを揃えましょ。

躊躇っている高価な商品などは、
レンタルサービスを一つ1000円で利用。
高価な物などは、使用感を、山ツアーで。

後日購入へと続く…。

親切なケアサポートも万全で、
トークの向う側に
目を輝かせたお客様の姿が見えるようで。

永遠と買い続けるサークルのようでもあり…?

いや、けどこれがほんまの販売力。
買った人は、すごく感謝し、大切に利用しているはず。

物を買うことを噛み締めながら、
少しずつそろえてゆかれるのかもしれない。

安い物を、たくさん消費するよりは
優れている

まるで、ご購入される商品に
目の前のお客様の夢を、いっぱいに詰め込んでお渡しされるようだった。
人を惹きつける魅力あるお店。
トークのステキな店長さん。

夢を購入できるお客さんは
ラッキーかもしれないな。


脳の中は
好き放題で失礼なトリミングをしながら
パシャパシャ

撮影後は、にゃみにゃみさんプチツアーへと
くりだしたのでした。(以前のブログはこちら)

これからの季節、過ごしやすい山登りはいかが?
その前にこちらを是非ご一読ください。

  『ランドネ 8月号』


KiiT



人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。