*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今、踏みしめたばかりの雪の感覚が
足先に届きながら、次の場所へと足を下ろす。

ギュウ、ギュウッ。

消えない余韻とは逆に
何もなかったように消えてゆく足跡。

ギュウ、ギュウッ。

雪の壁に反射した
その音に気づき立ち止まる。

もう一度、前へ進み
虎視眈々と次のフレーム探し。

ギュウ、ギュウッ。

振り返り、帰り道の足跡を探すと
今まで気づけなかった音が響いてきた。

しゃっ、しゃ、すっ、
呼吸のような雪の音。

白い世界に
耳を澄ませながらフィルターを外す。

技術も感覚も何もかも真っ白にして
写真の神さまにお願いをする


A1_20141224031722771.jpg

冬の新潟ロケから帰ってきた〜

撮影を出直さなきゃいけないという事態
そう、先日のあの豪雪。

手応えのないまま
シャッターを切る無力感に、
おいしい昼食のお蕎麦も味がしない。

心ここにあらず。
クライアントさんを気づかわせてしまう落胆ぶり。

そんな気持ちを察してくださり
安全を確保できるギリギリまで
撮影をさせてくださったiさん。

撮影中、あっというまに
雪で車が埋もれてしまうので、
前後に動かしながら待機してくださり

停車するたびに
屋根につもった雪下ろしをされ

観光客とみられる車が
あちらこちらで、立ち往生する中
「四輪駆動車で来なきゃダメだよね」と、
除雪された道を探し、積雪、凍結した道だってスイスイと走行。

iさん、本当にありがとうございました。

B1_2014122403172619d.jpg そして、翌日、晴れた〜

かっこよく撮ってくださりありがとうございます。

天気予報では期待できなかった
青空が…。目にしみる

カメラにカイロを何個も貼り
結露に注意をしながら、シャッターを切る

電池は、あっためていた事と
リチウム電池ということもあり
消耗は、まったく気にならず。

けれど、撮れるスポットが雪の壁で…
スコップで除雪をしてくださり、ようやく構えられるカメラ

B2_20141224031727e49.jpg

仕事の写真は、
規定があり見せられないけど

青い色した雪の光。
冷たい寒色なのに、あったかい色

新雪は、
金剛石をちりばめたようにキラキラと輝き

青空に雪原、
1色から2色になると、その背景に記憶色が鮮やかに蘇る

雪明かりは、
月よりもやわらかく優しくて

二日目に積もった雪を食べてみたら
おいしかった

写真の神さま
ありがとう

三日目には
白いふわふわとしたムチャみたいな雲が現れた

見えない力に
守られながら、どこかへ辿りつくのかな…。


K i i T

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。