*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月に発行される冊子の撮影で長野へ

秋の撮影では
ロープウェイの終点、標高2,150mにある
飯盛高原駅から1時間と少し、
いけるところまで山道を歩く。

8kgのカメラバッグと
6kgの三脚。

デジタル時代で
軽くなった機材とはいえ……。

息を切らしていると
クライアントさんが察して
三脚をもってくださった。

ロープウェイの
最終時刻4時30分。

帰りに間に合う範囲で引き返し
ロープウェイにのった。

そのとき
手のひらに落ちてきた、虹色の光

51_2016012805232348c.jpg

秋の撮影中、
何度も虹色の光がそばにきた

それから季節は変わり
冬の撮影

まだ暖冬だった1月15日、
凍っていなかったけれど、虹が出ていた。

50_201601280531350fe.jpg

ボツの写真から、
トリミング

もう少し、虹を入れたい、
角度をかえて、
それから、それから、

あれれ、降り積もった雪が
青くて、神々しく光っている……。

降り積もった雪が
青くて

2016011514450000 のコピー

って、
ズルズル…。

二回目の現場ということもあり
行動を読まれている

雪の積もった川の中に
おちてゆくところを、
ちゃっかり撮られていた

53.jpg


ボツの写真から、
トリミング

アイスクライミング

雪対策の為に
靴につける滑り止めをつけて
スキー場に入り撮影。

パウダースノーを踏みしめると
何かに似ていた……。

なんだったっけ
この踏み心地。

そう、
片栗粉を踏みしめているみたい……。

高台からの撮影では、
ハシゴをつたって三脚をもちあげて撮影

2016011609060003 のコピー

暗くなってから
星の撮影

DSC_3832.jpg

月でピントを撮り、星に向けると
ほぼピントがくる。

そこから確認しながら
マニュアルで微調整。

寒いのを通り越して
手が動かないので、何度かカメラも休ませながら
一番、手こずったカット

ブログの写真は、
ボツカット

裾にある木や町の明かりを
少し取り入れ、オッケーカットで、この日は終了。

観光名所など
二日間かけて撮影

陽の沈むのが早いので、
時間がもったいなく
朝は、車の中でおにぎりを食べて、

お昼には、寒くて
お腹の減りが早く、行動食のクッキー食べながら

時々、いろんなところに
一緒についてきた虹色の光。

自然相手の撮影は
相手に添わす。

美しさ、厳しさ、寛容さがあり、
大きすぎる被写体は、
捉えようとすると逃げてしまうから、
撮って欲しいところを
教えてもらえるように、
雑音を消して、シャッターをきってゆく。

不思議ことに、
遠景から望むとき、頂上付近にかかっていた
くもが、はれた。

タイミングがあえば
晴れる。

仕事だから
そこで「待機!」とは、
いかないけれど何度も偶然があった。

淡々と、
ブレずに生きる。

毎回、そんなことを
教えられている気がする。

翌日は、別件の撮影で
新潟ロケへとつづく

当日は、三脚が冷たくて
体力が消耗する中
荷物をもってくださり、運転をしてくださったクライアントさん。

おかげさまで、
無事に納品を終えることができました。

天候では
「あの雲は、晴れそうだけど、ダメだね」というと
本当に、雲がどこからともなく現れて
撮れなくなった。

「もうすぐ晴れるよ」といえば待機。

的確に当たっているので
時間短縮にもなり本当に助けられた。
ありがとうございました。

虹色の光さん、写真の神様も、武蔵まるも、
ありがとう。

K i i T










人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。