*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨日、ポストに届いた撮影のあがり
『Cafe&Restaurant 3月号』

と、その前に
ゆっくりと、ブログを書こうと思いながら
できていなかった2月号のご紹介から



旭屋出版 『Cafe&Restaurant 2月号』
2015年1月19日 発行
1,200円+税

『カフェ開業「お悩み」』という特集の中で
P007~P009 京都市今出川にある『珈琲 逃現郷』さんの写真を担当させていただいてます

紙面では
「人気カフェオーナーに聞きました
カフェを開くとき、何に悩み、それをどう解決しましたか?」と、
さまざまな面で直面した問題・課題とその解決策を事例をもとに紹介されています

ボツの写真から、
猫ちゃんをご紹介

撮影中、2階のスタッフルーム​​​から
お​りてきてくれた三代目看板猫カブくん

tougenkyo_016.jpg

出会いは3年前、店主が運転していたバイクの前に飛び出し、
大怪我をしたのが野良だったカブくん。​​​

バイク(カブ)​にひかれたので、カブ​くんと名前をつけてもらい
20万かけて治療し、そこから一生のご飯と寝床を確保したそう

17年生きた1代目の看板ネコちゃんのように​、
お客さんの膝に座ったりせず
姿を見せるのは、​1日に4回ほど、
でっかい金魚鉢のお水を飲みにくるときぐらいなのだとか。

tougenkyo_008.jpg

撮影中、スタッフさんが「おりてきましたよ〜」と、
そーっと声をかけてくださり、
運良くフォトセッション実現☆

tougenkyo_011.jpg 

こちらを伺いながら、
今にも逃げてしまいそう

tougenkyo13.jpg

外の看板が写り込んだ水面、
カブくんと距離感を保ちながら
そぉ〜っと、レンズを向ける

tougenkyo_015.jpg

店内にいらっしゃった
お客さんもスマホ片手にパシャ、パシャ

tougenkyo_010.jpg

警戒心はどこへやら

tougenkyo_017.jpg

金魚さんと仲良し

tougenkyo_012.jpg


『珈琲 逃現郷』さんでは、
以下の7ポイント、事例をもとに、解決策が紹介されてます。

1、調度品の集め方
2、DIYでの店作り
3、求人
4、スタッフ育成
5、付加価値の提案
6、ルール設定
7、メニュー構成

2016年1月19日 発行
『Cafe&Restaurant 2月号』を是非ご一読ください。



2016年1月19日 発行
1,200円+税
旭屋出版『Cafe&Restaurant 2月号』


K i i T  


人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: