*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京へ〜

AAA_8018.jpg

昨日の14日、午前中はKさんとWEB用の写真について、
午後は、Hさんとリーフレット制作と撮影について打ち合わせ

午後から予定していたHさんとiさんも
早くにかけつけてくださり、おかげさまでいっきに終わる

打ち合わせが終わると、
それぞれ他府県へと移動される多忙な方々。

貴重な時間の中で、お話しが相手に伝わっているか
ところどころで整理し確認されるKさん

軌道を間違えそうになったとき、
すぐに修正し元に戻されるHさん

iさんは、雑談や考えられる展開など、わぁーっと、いっぱいに広げられる。
すると、停滞していた雲が流れはじめたかのように、
アイデアや問題点が見え、核心に近づく、
その一つ一つをみんなで整理し、打ち合わせが終わる頃、
それぞれのポジションが、淡々と仕事を進める状態になっている。

リーフレット制作では、Hさんの「思い」や「こだわり」もお伺いすることができた。
ちょっとした人間味ある、そのこだわりが実はとっても大切で
持ち手に人の温かさが、伝わるような気がした

「目的地は決まっているわけでなく、つくってゆくもの」と、いった
Hさんのことばが心に残った。

それは、きっと大きく軌道を変えることや奇抜なアイデアが重要でなく
いろんな人たちとの心を丁寧に紡ぎ、今できることを提案し修正できること、
そんな、一つ一つの上に成りたつ目的地。

なのかもしれないな……。なんて、頭を整理しながら帰路へ
東京駅まで30分ほど歩くことに

AAA_7969.jpg

千代田区役所前にあった
「千代田区観光協会」で、参考のMAPあつめ

AAA_7968.jpg

てくてく歩くと、
皇居外苑、北の丸地区、北の丸公園の入り口
東門になる「旧江戸城清水門(高麗門)」横を通る。

AAA_7972.jpg

ちなみに北側にあるのは「靖国通り」に面した「田安門(たやすもん)」
清水門と、田安門は、北の丸公園内にある日本武道館への出入り口ともなっている。

AAA_7970.jpg

鏡面世界に写る
旧江戸城清水門(高麗門)

AAA_7976.jpg

隣にあたる江戸城天守閣跡にある皇居の門は、9つある。
その一つ「桜田門(さくらだもん)」では、
「桜田門外の変」安政7年(1860)3月3日、大老・井伊直弼(いいなおすけ)が
水戸浪士ら18人によって桜田門外で首を刎ねられ暗殺される襲撃のあった場所。

その二年後、文久2年(1862)2月13日、「坂下門(さかしたもん)」は
「坂下門外の変」老中・安藤信正(あんどうのぶまさ)が
尊王攘夷(そんのうじょうい)派の水戸浪士らに襲われた事件の場所。

AAA_7986.jpg 対照的にある構造物
AAA_8016.jpg AAA_8015.jpg AAA_8019.jpg

AAA_8011.jpg 大手町駅前にある和田倉濠(わだくらぼり)

AAA_7994.jpg 正面に見えるのは、わだくら橋と白鳥

AAA_7993.jpg「あっ!」目があった

AAA_7997.jpg 向かう先は?

AAA_8000.jpg あら、まぁ 

AAA_8010.jpg 近くにある幸せ

平和な1日が光の届かないところへも
届きますようにって、パシャ

AAA_8009.jpg

江戸城は長禄元年(1457)太田道灌(おおたどうかん)によって創築、
天正18年(1590)に北条氏が滅亡し徳川家康が
居城を定め、家康、秀忠、家光三代にわたり増設や外郭の整備が行われ総構を完成。

300年近くにわたり将軍の居所となる江戸城は史的価値が高く「特別史跡」に指定
明治維新後、江戸城は皇居となり、昭和24年から皇居を取りまくお濠の地域と昭和44年から北の丸地区が
「国民公園皇居外苑」として一般解放されている。

こんど東京へゆくときは、
門から始まる過去の軌道をたどってみようかな

KiiT

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。