*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

風まかせに走らせてきた帆は、
いつも同じところで、ぐるぐると旋回した。 

tree5.jpg
(新潟県)

「変わらないモノ」と「変えれないモノ」
「本物」と「イミテーション」
「レンズの向こう側」と「シャッターを押すその手」、
「光」さえも疑い、善悪信義と向き合ってみた。

DSC_8833.jpg
(新潟県)

扉の向こうに、何かあるかもしれない、何もないかもしれない、
怖れる心にも目をそらさず、一緒につれていく。

一歩、一歩、白い大地を踏み固め、慎重に足を運ぶ。
立ち止まった足元を見ると、泥だらけのニューバランスが黒く見えて、ひときわ目立った。

tree4.jpg
(山形県)

視線をすこし地平線へ近づけると、こころばかり、長くなった尺度。
次の一歩は、水たまりの洗える場所がいい。

雪の上で、滑らないようにゴムの装着スパイクをつけ、
二年目の冬を過ごした頃、靴は破れて履きつぶし、
また、同じ雪用のニューバランスの靴を買った。

50_201705072312433e0.jpg
(山形県)

滲んで見えていたレンズの向こう側から、
白くて強い光が川や青い空へ反射し、
なんども身体の中をすりぬけていく。

tree2.jpg
(長野県)

光と影の中で、出逢ってきた、たくさんの『氣』。
太い木、細い木、まがった木、生まれたての美しい木、命が尽きて埋もれた木。

f_2016_199_20170507231245daf.jpg
(長野県)

描いていた理想と現実は、違っていて、
ちょこっと生きづらく、煌めくモノばかりでなかったけど、
たしかに、そばにある、たくさんの虹色の光をみつけた。

レンズの中よりも駆け足で過ぎて行く虹色の光に
鋭く研ぎ澄まされた心を乗せて………。



-----------
ボツの写真からアップ
昨年度、ロケに同行してくださった、Iさん、Hさん、Uさん、Kさん
ありがとうございました。
クライアントさんなのに運転してくださり、脚立持ち、三脚持ち、レンズ持ち、カバン持ち、
時には悪天候の吹雪の中、ずぶ濡れになりながら傘をさしてカメラをカバーしてくださったり、
さりげなく、遠くに見える雪山の頂上にパウダースノーが巻き上がっていたことを気づかせてくださったり、
おかげさまで撮影を続けられたこと。
たくさん、たくさん、本当にありがとうございました。

KiiT 

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文: