*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それは、それはたくさんあってね。

f_2016_142.jpg

歩幅を合わすことも大切で

f_2016_128.jpg

気づいたら、振り子が揃うように
ありふれた情報の中で、当たり前に生きていてね

f_2016_133.jpg

会社でいうなら、
大義みたいなこともたくさんあってね。

f_2016_132.jpg


わずかな時間の中で、
何を……。

f_2016_135.jpg

えい! やぁ!
その方法も、それは、それはたくさんあってね。



K i i T

城下町、新発田に渡来してきた
オオハクチョウ

299.jpg

後天的な美しさは、
4000kmほど離れたシベリアから
羽ばたいて来たのかと思うと、より崇高に写る。

300_20170128234226b2f.jpg

V字編隊飛行を、はじめて見たとき「……!
声より驚きが先にきた。

一番前を走り続ける白鳥は、
空気抵抗の少ない後者の白鳥よりも、体力を消耗する。

過酷なポジションを背負うトップは、
仲間と交代しながら力を補い飛ぶのだそう。

301_20170128234227ef2.jpg

書物からでも伝授でもなく、先天的なものなのか……。
計算しつくされた飛行の仕方。

その道を知ることができるとしたら
キーワードは、その環境で生きるモノの中に……。


--------
いつも移動中にみかけた白鳥のV字編隊飛行、
写真は、新潟県新発田市加治川の堤防近くよりパシャっと
また白鳥さんに出逢えますように


K i i T

海色の空と
真っさらな白い雪

ここは、日本海岸側(日本海岸式気候)。
澄み切った空は、わずかな時間で表情を変える。

22_201701240605196b0.jpg

視界を閉ざされる前に、
一つ前へと急ぐ。

20_20170124060518697.jpg

全方位に神経を尖らせて、
車道から跳ね返る泥雪に大切なカメラを守る。

23_20170124060521dc0.jpg

「正しい」を
求めすぎると強くなる風

かぎられた日照時間の中で、
二律背反する「正しい」に折り合いを探す。


-----
月曜日に大阪へ帰ってきました。
写真は先週のロケにて、山形県へ向かう道中、胎内川を渡る鼓岡大橋でパシャっと


K i i T

すべてのモノに降り注ぐ光
与えられた小さな枝

I.jpg

ぎゅっと握りしめ、
踏みだしたその一歩

FD.jpg

始まる知識と見識

_111.jpg

智慧はやがて、
剣を……、それとも光の……。

K_20170107172458a5a.jpg

歩き続けて一万歩
ようやく見えはじめる未知の世界


KiiT

「常に備える。」
何を信じるかは、それからでも遅くない

f.jpg
(2016年秋、ボツの写真から)

予測が難しいと言われている地震は、
日本のどこで起きてもおかしくない。

南海トラフ全域でいうと、30年以内にM8〜M9 クラスの巨大地震が発生する確率70%
南海トラフによる海溝型地震は、約100年から150年(中世以前200年)周期をもって、
M8クラスの巨大地震を繰り返し起きており「東海・東南海・南海地震」
この3つの震源域は、連動して地震が生じると言われている。

02a_20170106064209457.jpg
02_201701060624474b8.jpg
(Piece Piece Peace vol.4より)

南海トラフから駿河湾内にある駿河トラフまでのプレート境界で繰り返す巨大地震。
しかし、東南海地震(1944年)、南海地震(1946年)の際に、
駿河トラフの岩盤は、動くことなく160年以上の空白が続いている。


KiiT

航空撮影
新潟空港でAS355型ヘリに乗り込み
カメラのストラップをヘリコプターに設置されたロープへ通す。

2016_a.jpg

報道用でもよく使用される窓があくタイプの
日本ではメジャーなヘリコプター

空撮エリアは、飯豊、朝日連峰界隈、
新潟県と山形県にまたがる山岳地域へと

離陸するとき地べたとの接点が少なくなるのをゆっくりと見送り、
窓を開けて、レンズで覗き込む

2016_b.jpg

飛行機よりも低い上空から望む景色は
手に届きそうなほど、近く、
約1時間半のフライトは、地上の時間の長さよりも短い

上空にあがると、人や家は小さくなり、
川、畑、ランドマーク、大地を主役におきかえる

目に見えていたモノのカタチが変わってゆく。

KiiT

今年は閏秒を1秒入れたから
もし去年に捨てきれなかった
憎しみ、怒り、哀泣、荒廃した気持ちがあったなら
そこからポイっと、新しい年の幕開けにしよう

2016_c.jpg

昨年末、現場に向かう途中、
新潟県、日本海沿岸より阿賀野川をパシャっと
ヘリコプターで航空撮影した写真より


KiiT

人物と料理撮影が得意な関西在住のフリーカメラマン。 ☆好きな事☆ 写真を撮る。海で『ぼーっ』と釣れない魚釣り、ねこ武蔵とお昼寝。ビール、豆腐。りんご。氷。グリコのプッチンプリン。 ☆Facebook☆☆Twitter☆ やってません。ごめんなさい。 始めたらこちらのブログでお知らせします。
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


こちらからお名前で検索できます♪

-天気予報コム- -FC2-

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。